2018年06月27日

丹沢方面のクライミング帰りの山ごはん

観光と違って登山やクライミングは、行った先の土地でお金を使う事が少ない為、地元の人達への還元が少ないという話を聞いたことがあります。山から降りるとお腹空きますよね?山の帰りには積極的に地元のお店で食事をするようにしてみて下さい。今回は丹沢方面の帰りの山ごはんの紹介。

@レストラン三昧(みみ): 神奈川県秦野市菖蒲58-63
ビーフシチューが有名です。若干お値段高めですがボリュームたっぷり!内装も個性的です。

A とんかつ 麻釉(まゆ): 神奈川県伊勢原市伊勢原1-14-11
揚げ物全般がオススメです。からあげ定食は食べ切れませんでした(笑)ごはん大盛りには気をつけて!

Bホルモン古奈屋: 神奈川県伊勢原市伊勢原1-17-12 トアハウス 1F
しちりんで炭火の焼き肉(ホルモン)屋さんです。ボリュームが凄いので注文するときは気をつけて下さい。駐車場はありませんので近隣のコインパーキングへ

mingeiIMG_0386 - コピー.JPG

mayuIMG_0787.JPG

mayuIMG_0786.JPG

以上です。是非立ち寄って食事してみてください〜!
群馬編、栃木編、埼玉編等々続きます(笑)

記:OK
タグ:神奈川 丹沢
posted by 草加山の会 at 00:22| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年06月22日

山菜の天ぷら

先週の土日で計画されていたOリーダーの山行の越後駒ケ岳。土曜が天候不良のため日月に変更になったためYAMAは行けなくなってしまいました。
この山行では駒の小屋泊だったので山菜を取って天ぷら山行にしようと楽しみにしていたのですが残念です。

日程変更のおかげで天候が良い中無事に登頂してきたとの連絡がありました。良かったなーと思っていたら、Oリーダー他メンバーの皆さんがコシアブラを摘んできてくれました。

しかもドッサリと!
コシアブラ
いつもは摘み頃なんですが、今年は雪が少ないため成長も早い感じですね。

早速、コシアブラは天ぷらにして美味しくいただきました。
コシアブラ
成長しすぎで少し香りが弱くなっていましたが旨い。コシアブラ最高!

Oリーダーはじめメンバーの皆さんに感謝!!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 08:03| Comment(0) | 日記

2018年06月20日

カリブ海でスノーケリング

先日、縁あってメキシコのカンクンに行ってきました。
40ウン年ぶりに海に入り、初スノーケリングを体験してきました。
澄みきったターコイズブルーのカリブ海はショパかったです。

●カンクンについて
ユカタン半島の突端、カリブ海とラグーンに挟まれたところに位置し、世界有数のリゾートです。周囲にはマヤ遺跡が点在しています。カンクンはマヤ語で蛇の巣という意味です。
蛇には出会いませんでしたが、イグアナは沢山見ました。

カンクン在住の知人が、ダイビング・インストラクターをしていて、Instagramを公開いているいるので興味のある方は見ていただければ幸いです。

Instaはこちら

IMG_2666.JPG

GOPR9192.JPG

GOPR9190.JPG

記:TAKE
posted by 草加山の会 at 00:20| Comment(0) | 旅行

2018年06月18日

ザック購入♪

夏のテント泊、小屋泊縦走に向けて大きいザックを購入しました!

2年前に買った初めてのザックは店員さんのアドバイスを受け、色だけは自分で決めて買ったKarrimor ridge30。2年間使ってとても気に入っていたので2代目もカリマーと決めていたのですが…。

初心者の私にとって必要なものがあり過ぎて予算的に考えるとザックは中古でもいいかな…と探していたところ、とあるオークションにて大好きなホグロフスの…しかも新品…ザックカバー付き、それをなんと定価の4分の1以下のお値段で落札することができました!(型落ちでしょうけどね…)
ニセモノじゃないよね〜と不安はありましたが、届きました。本物でした。多分。

HAGLOFS oxo Q 50
image1.jpeg

かっこいい〜。すご〜い。いろんなとこにいろんなのが付いててチャックを開けたり閉めたり…。おー広がる〜!んーこれはどんな機能なのか?
でも一番すごいのは腰ベルト!まるで骨盤矯正されてるみたいな安定感!早くこれを背負って登りたい〜!ドリンクや携帯の置き場はどこにしよう?楽しい〜♪

ふと、釣り道具を独りうれしそうに並べ、家族に呆れられながらも早朝暗いうちから渓流釣りに出かけていた実家の父の姿を思い出しました。

記:nanmin
タグ:ザック
posted by 草加山の会 at 23:13| Comment(0) | 装備

2018年06月17日

千手ヶ浜(奥日光) クリンソウ

この時期の奥日光の一番の観光スポットの千手ヶ浜のクリンソウを6月9日に4人で見に行ってきました。
行は、赤沼車庫から低公害バスで千手ヶ浜まで移動し、バス停から15分ぐらい歩いて「仙人庵」のクリンソウを見てきました。
ちなみに「仙人庵」は、私有地を開放されています。
3年前よりクリンソウが減ったような気がします。
20180609 (1024x683).jpg
2018/06/09に撮影した写真

草加市奥日光自然の家に泊まり、帰りは中禅寺湖の湖畔を歩いて帰りました。
沢山の登山者が、千手ヶ浜へ行かれています。
クリンソウはどうでしたかと何人かに聞かれました。
赤沼車庫に帰り、千手ヶ浜に向かってバス2台が出発していました。
バス会社の方と話をすると、この天気(いつ雨が降り出すか分からない)だから、少ないと言われました。天気が良ければ、いったい何台のバスが出るのだろう。
やはり、「仙人庵」のクリンソウは奥日光の一番の観光スポットです。
家に帰って2015年に行った写真を探すとクリンソウやっぱり少なくなっています。
20150613 (1024x681).jpg
2015/06/13に撮影した写真

記:H・J
posted by 草加山の会 at 23:03| Comment(0) |

2018年06月16日

伊豆方面クライミング帰りの山ごはん

観光と違って登山やクライミングは、行った先の土地でお金を使う事が少ない為、地元の人達への還元が少ないという話を聞いたことがあります。山から降りるとお腹空きますよね?山の帰りには積極的に地元のお店で食事をするようにしてみて下さい。
私のお気に入りのお店を紹介しますので、山行帰りに是非立ち寄ってみて下さい!今回は神奈川・伊豆編いってみます!!
基本的にボリューム重視なので、やはり揚げ物が多いです(^ω^)

西伊豆方面の帰り
@民芸茶房: 静岡県賀茂郡松崎町松崎495-7
朝食もやっています!伊豆ですので干物やお刺身の魚関係がオススメ。

A弥次喜多: 静岡県沼津市下香貫樋ノ口1685-1
お刺身も良いのですがフライがオススメ!ボリュームがあるので気をつけて下さい(笑)


東伊豆方面の帰り
@小田原おでん本店: 神奈川県小田原市浜町3-11-30
是非電車で行って小田原おでんで日本酒飲んで下さい!!その場合は飲む量でそれなりの金額になります。予約した方が良いです。

Aおさかな食堂大原: 神奈川県小田原市早川1丁目6-10
日曜日定休なのと駐車場無いのとすぐに売り切れるので難易度高いのですがアジフライは絶品です!

アジフライ定食.jpg

しらす丼

記:OK
タグ:神奈川 伊豆
posted by 草加山の会 at 22:25| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年06月02日

沢ではヒルに注意!

丹沢はヒルの生息エリアが広く最近では登山道にもヒルが出没するようだ。

ヒルはちっちゃいけど吸われると血が止まらなくなるの
P6020128.jpg

本日はNリーダーとゆかいな仲間たち総勢7名で丹沢の名ルート「勘七ノ沢」に登ってきた。

序盤からヒルに取り付かれるが全て振り払う。隙間を見つけては気づかないうちに入り込んでくる恐ろしいやつら。

かくいうYAMAはまだヒルに喰われたことはない。今日も大丈夫だったーと”ほっ”と一息入れていたら、お隣で”キャー”と聞こえた。

振り返ると今回初めての沢登りを体験したKさんのきれいな指に取り付くヒル。慌てて塩を振りかけ撃退するも流血は止まらず・・・。Kさん、初沢登りでヒルに喰われちゃいました。これで沢嫌いにならないでねー。

初沢でリズミカルにF5(12m)を登るKさん
DSCF8594.JPG

ヒルにかまれておててから流血のKさん
P6020137.jpg

記:YAMA
タグ:沢登り ヒル
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 生物

2018年05月19日

岩トレの予定が天候不良で室内トレへ

草加山の会では、毎年この時期にリーダー部山行で岩トレを行います。
本日は奥武蔵の阿寺で岩トレの予定でしたが、残念ながら天気予報が雨で室内トレに変更です。
場所は春日部エナジー。

参加メンバーは10名でしたが元気な女性が7名でしたー。
AMはボルダリング、PMはトップロープで練習。

IMG_20180519_133200.jpg

IMG_20180519_105557.jpg

YAMAは初めてのオートビレイを体験。上で手を放すのがちょっと怖くもありましたがなかなか快適。でも、課題中に手を休められないので厳しい所登れそうになかったっス。

いい汗を流しました。

会員:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | ボルダリング

2018年05月01日

舞妓さんの美について

京都の舞妓さんは江戸時代からの伝統が在り、その様式美は現代は完成された美しさを見ることが出来る。髪型、多くの季節別の髪飾り、お化粧、肩上げをした着物、だらりの帯、帯止めなど、実に美しく様式化され、見る物をうっとりさせる魅力がある。江戸時代の300年ほど前から八坂神社や、清水寺など神社仏閣にお参りする人たちに、水茶屋でお茶の接待などを若い娘さんがやっていたが、段々とお茶屋も酒を出すようになり、現在の様な料亭形式に発展してきた。京都だけでは舞妓さんに為ろうとする娘さんが不足のために、現在では舞妓さんの成り手を全国から募集している。舞妓さんに為るには、舞、三味線、お囃子、茶道、謡、京言葉、接待の仕方など多くの修行をしないと為れないので、修行に耐えられずに止める人もいる。舞妓さんのいる花街は、四条の祇園甲部が中心で、祇園東、先斗町、上七軒、宮川町の五つの花街がある。我々の様な金のない、京都から遠く離れた場所に住む人間にとって、お座敷で舞妓さんの接待を受ける事などは、夢のまた夢である。この為に私は日本画、油絵,版画など沢山の舞妓さんの絵画を持っており、それらを部屋に飾る事で満足している。
今回高校時代からの友人から、喜寿のお祝いの旅行に誘われたが、内容を見ると舞妓さんのお茶席に参加する内容になっており、直ちにOKした。私も京都では舞妓さんとすれちがう事は有っても、ゆっくりと眺める機会は一度もなかった。お茶と茶菓子を頂き、ゆっくりと舞妓さんを眺め、写真もOKとの事でしたので、失礼に為らない程度離れて、望遠レンズを活かして多くに写真を撮ることが出来、実に満足している。舞妓さんの修行は一般には15歳から19歳までであり、20歳過ぎると芸子となり、一人前となる。

舞妓さん

会員:M/T
タグ:舞子さん
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 旅行