2019年05月15日

鹿島槍の子とは大違い!!

鹿島槍の子とは大違い!!僕ちゃんでした。

image001.png

やはり、下界は暖かいのですね。
こんなに黒く変わっていました。
昨年の7月に孵化したそうで、今年は生殖には参加しないとの事。
(5月15日現在 上野動物園にて)

参考に2019年03月30日のブログ(真っ白の雷鳥)
http://soka-yamanokai-m.sblo.jp/article/185787067.html

記:みーさん
タグ:雷鳥
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 生物

2019年05月11日

白い雷鳥 鹿島槍にて

GW後半に扇沢から日本百名山の鹿島槍を計画しました。
積雪期は柏原新道が埋まっているため爺ヶ岳の南尾根を直登します。
テント泊は冷池山荘。GW中は営業しているありがたい小屋です。

暑いくらいの天気でとても素晴らしい景色を見れましたが、一番感動したのがまだ白い雷鳥に会えたこと。
夏は褐色の羽毛をまとい、冬は真っ白の羽毛をまとい、季節によって保護色で外敵から見つかりにくくするためでしょう。

爺ヶ岳登り中に1羽。鹿島槍登り中に4組のつがいとご対面。
登山道を人間を怖がりもせずチョコチョコと歩く愛おしい姿に癒されました。

登山道を横切るメス。
DSC_0077.JPG

赤い肉冠のあるオス
DSCF2484.JPG

つがいで
20190504-05kasima115.jpg

肝心の登頂はというと・・・

DSC_0087.JPG
まだ雪で半分埋まっている道標。

無事全員で登頂し剱岳をバックに記念撮影です。
DSC_0099.JPG

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 生物

2019年05月10日

何時か乗りたい!!クリーンエリザベス

4/28日、横浜港に10日間の旅を終え入港。

なんと場所は大黒ふ頭!普通は山下の大桟橋のはず。数年前、大型客船はベイブリッジをくぐれないと、ニュースでやっていたがここ数年くぐれないので、他の港に寄港を奪われていたとの事。クルーズばやりの昨今これはまずいと、大黒ふ頭で入国審査ができるようなったばかり。4/28日は2隻、4/27日は4隻入港していたとの事。

image001.png

何時か乗れるようモチベーションを上げていかなくては!!

記:みーさん
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年05月07日

北穂高岳からの絶景

春の北穂高岳に4年ぶりに行ってきました。

01北穂山頂 (1024x683).jpg

北穂高岳からの絶景を楽しむことが出来ました。

02槍ヶ岳 (1024x683).jpg

北には、日本のマッターホルンと呼ばれる槍ヶ岳です。

04常念岳 (1024x683).jpg

東には、ダイヤモンド常念岳です。

06穂高岳 補正 (1024x683).jpg

南には、奥穂高岳から前穂高岳です。

07笠ヶ岳 (1024x683).jpg

西には、笠ヶ岳です。
北穂高小屋で2連泊して、ボーっとしてきました。

記:HJ
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 写真

2019年05月06日

ヒューストン滞在記2

ヒューストンに来て2週間が経ちました。
ヒューストンには電車(貨物列車以外) が走っておらず、左ハンドルの車で5車線もある道路を運転するのがこわいので、専ら自転車で移動しています。

自転車を入手して1週間ですが、既にチェーンが外れること2回。。。
01.jpg
山の会にはすぐに直してくれる方、居そうですね。

今回はMemorial Park(メモリアル パーク)へ。
https://www.memorialparkconservancy.org/

公園の大きさは多分代々木公園くらいで、 リスが沢山います。
トレイルの入り口にこんなのも居ました。
03.jpg
踏んでしまいそうで怖いです。

今回行ったトレイルはnormal/普通, moderate /程良いうちのmoderateだったのですが、丸太が横たわっていたり、そこからの落差が50センチくらいあったりと、程良いを通り越してかなり怖いです。怪我をしたくないので、そういったところは恥も構わず自転車から降りて通過します。

02.jpg

トレイルは5つくらいはあるようなのですが、今回行ったところ以外は入り口すら分かりません。園内地図は私の知る限り1カ所にしかなく、もちろん印刷したものも配布していません。
何かと日本と比べてはぶつぶつ言っている日々ですが、めげずに、帰国までには全トレイルを制覇したいと思います。

記:ak
posted by 草加山の会 at 10:47| Comment(0) | 旅行

2019年05月05日

モミソ沢 初沢!スパイダーマン体験

お天気は晴!今日は初沢だ〜と気合を入れて、7名で行ってきました。うち3人が初沢デビューですおやゆびサイン
参加を考えている際、リーダーが心強くサポートしてくれることを話ししてくれ、勇気を出して沢に挑戦です!!

最初は懸垂岩でみっちりトレーニング。3点支持と沢靴で岩に登ることになれる感覚、懸垂降下の練習をします。
その後、モミソ沢に突入〜♪スパイダーマンになっていきます。水はちょろちょろ。リーダーが難所はロープで安全確保をしてくれ安心して沢を楽しみました。少しずつ沢の良さを分かるようになれたらいいな!

沢デビュー戦 俄然やる気 行くぜ!スパイダーマン3号
image002.jpg

沢デビュー戦 バランス感覚の優れたスパイダーウーマン 4号
image004.jpg

沢デビュー戦 頑張ります。スパイダーウーマン5号もどき!
image006.jpg

沢2年目 サクサク行っちゃうスパイダーウーマン2号
image008.jpg

リーダー みんなを先に降ろして、スパイダーマン1号の華麗な懸垂降下
image010.jpg

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 沢登り

2019年05月02日

Australia Kings Canyonキングス・キャニオン_vol.3

最後は、エアーズロック・リゾートから片道300Km離れたキングス・キャニオンまでレンタカーを飛ばしていきました。ご存知の方も多いと思いますが”世界の中心で愛を叫ぶ”のロケ地で、小さな亀裂が数百万年にわたって浸食されできた絶壁ウオーキングが楽しめる場所です。

・Kings Creek Work(キングス・クリーク・ウオーク)2km,1H 往復:キングス・クリークの下を通る平坦なコース。

・Kings Canyon Rim Work(キングス・キャニオン・リム・ウオーク)6km,3~4H 周回:キングス クリークを登って絶壁ウオーキング。

・South Wall Return(サウス・ウオール・リターン)4.8km,2H 往復:リム ウオークの西側の絶壁のみ往復。

・Giles Track(ジャイルズ・トラック)22km,1~2Day:西側から入り、キャスリーン・スプリングス(Kathleen Springs)方向へ一方通行。

当日は、9時少し過ぎに現地に着いたところ、既にリム・ウオークのゲートは高温予報のため閉められていたため、サウス・ウオール・リターンとキングス・クリーク・ウオークに行きました。
リム・ウオークに行くのであれば、季節を選ぶ又は早朝から出れるキングス・キャニオン・リゾートでの1泊を考えたほうが良さそうです。

砂岩ドーム
image002.jpg

キングス・クリークスの切り立った岩
image004.jpg

切り立った岩を異なる角度から
image006.jpg

image008.jpg

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 10:13| Comment(0) | 旅行

2019年04月27日

アカヤシオを愛でに

毎年見たい花の1つがピンクの丸い花弁が素敵なアカヤシオ。

DSC_3907.JPG

今年はどこに行こうか考えていましたが、GW前の4/21に西上州の鹿岳と四つ又山を訪れました。

DSC_3843.JPG

まだ咲き始めという感じでしたが、四つ又山山頂やその直下、マメガタ峠から鹿岳への登り辺りはきれいに咲いていて、久しぶりに幸せな気分になりました。

DSC_3853.JPG

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) |

2019年04月21日

ヒューストン滞在記1

4月中旬から1ヶ月半の予定でアメリカヒューストンに滞在しています。
早速地元のスポーツ用品店に行ってみました。

寝袋コーナーにいたスタッフに「シュラフカバーありますか?」
と聞いたところ、
「そんなものが存在すると聞いたこともない」というお答え。
気候の違いのせいか?
使わないのですかね。。

その後テントコーナーへ。
安い♪と思ったものの、フライシートは付属していない様子。
もしやフライシートも「そんなものない」と言われてしまうのかしら。

IMG_20190419_175905_3CS.jpg

記:ak
posted by 草加山の会 at 22:05| Comment(0) | 旅行

2019年04月17日

Australia Kata TatjuTa The Olgat カタ・ジュタ オルガ岩群 風の谷_vol.2

初日にエアーズ・ロックに登れたので、2日目は行動範囲を少しずつ広げて早朝からカタ・ジュタの風の谷にいきました。
エアーズ ロックから直線で約40km、車で約80kmと少し離れていますが、地下でエアーズ・ロックからずっと岩がつながっていると・・・不思議です。
風の谷というだけあり、時折気持ち良い風が吹きますが、こちらもAM11:00過ぎにはかなり高温になります。

Valley of the Winds Walk(バレー・オブ・ザ・ウインズ・ウォーク)ぐるりと周遊するコース:7.4kmと、Walpa Gorge Walk(ワルパ・ゴージ・ウォーク)谷を直進するコース:片道約2.4kmの2種類があります。登頂は禁止されています。
水場は入り口付近にありますが、1時間1L(海外の方の体系基準?)持参を推奨しています。

風の谷の岩達

image002.jpg

岩場は時間帯によって、色が変わったように見えます。

image004.jpg

黒い線は水が流れコケが付いた跡です。穴が沢山あいています

image006.jpg

どの岩も個性的です!

image008.jpg

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 23:12| Comment(0) | 旅行