2018年11月01日

浅間山 噴火警戒レベル1に下がって登ってきました

8月30日より待ちに待った噴火警戒レベル1になった浅間山。
本当は10月3連休に計画したのですが天候不良で延期。今年は行けないかなーと思っていましたが急きょ行くことが出来ました。YAMAにとっては日本百名山の98座目になり、一緒に行った父にとっては97座目になります。

車坂峠から浅間山を見ながら草滑りを下り。
20181028浅間021.JPG

いよいよ浅間山へ登り始めます。
20181028浅間025.JPG

山頂直下はスカッと晴れた青空。独立峰のため風が強く寒いッス。
20181028浅間035.JPG

無事に浅間山(2524m)に登頂。
20181028浅間036.JPG

その後、Jバンド〜仙人岳〜蛇骨岳〜黒斑山と周回して浅間山の景色を外輪山からたっぷり堪能しました。
20181028浅間052.JPG

10月上旬は湯の平の落葉松の紅葉が見事だろうなー再訪ありかも、とっても良い山でした。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 登山

2018年10月29日

尾瀬ヶ原での一枚

10月27日〜28日で尾瀬ヶ原へ行ってきました。
27日の天気予報は、午前中は雨でしたが、鳩待峠に着いた時には、雨が上がり予定通りアヤメ平から龍宮小屋へ行く。
龍宮小屋に着くとポツポツと雨がふってきました。ラッキキー。
28日は晴れです。
龍宮小屋で出発準備をしていたら、白い虹が出ていると教えてもらうが、エッどこに?
わからないのは、自分一人だけです。
山ノ鼻へ歩きだすと、ハッキリ白い虹が現れました。

5 (1024x683).jpg

皆様、感動して、しばらく写真撮影タイムです。
小屋を出てすぐの中田代でノンビリとコーヒーを飲み、登山者が少ない尾瀬ヶ原を楽しみながら歩き、龍宮小屋から山ノ鼻までコースタイムは、1:15のところを2:15かかりました。
おまけで、戸倉までの道沿いの紅葉も素晴らしかったです。

記:HJ
posted by 草加山の会 at 23:05| Comment(0) | 写真

2018年10月12日

クライミング帰りの山ごはん 群馬編

焼肉レストランあおぞら 群馬県渋川市渋川2809−1
青い看板がいつも気になってました地元の人達に人気なのも分ります。リーズナブルに焼き肉食べられます。沼田や中之条にも支店があります。
aozora.png

あしま園 群馬県利根郡みなかみ町湯原107
デカ盛りです。カツカレー(汗)多いです。オシャレに食べたいならチョット水上よりに行ったカフェレストラン亜詩麻の焼きカレーがオススメです。

リタブラン 群馬県渋川市上白井2523−91
子持山のクライミング帰りに見つけました。オサレ(汗)ですが大盛りも受け付けてくれるカフェです。優しい味わいなので沢山食べても平気(笑)
リタブラン6.jpg

永井食堂 群馬県渋川市上白井4477−1
有名なもつ煮込み定食屋さんです。もつ煮以外もあります!!日曜日は営業していませんが、持ち帰りのお土産は販売してます!

とんきん 群馬県富岡市一ノ宮1769-1
とんかつ有名ですが、生姜焼き美味しかったです。この肉汁で御飯食べられます(笑)残念ながら休業中かも?です。

中国料理 竜苑 群馬県北群馬郡吉岡町大久保3476−1
出来たての頃は、予約無しでも入店できましたが、最近人気が出ているので予約した方が無難です。東京で食べたら3倍の金額すると思います。盛りは普通です(笑)

記:OK
タグ:群馬
posted by 草加山の会 at 00:13| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年09月30日

2019年 埼玉県山岳連盟カレンダー

埼玉県山岳連盟のカレンダーご担当者様より嬉しいご連絡がありました。
『厳正なる審査の結果、あなたの作品「冬の浅間山」が「12月」の写真として採用されることとなりましたのでご報告申し上げます。おめでとうございます。』

冬の浅間山 (1024x683).jpg

黒斑山からの冠雪縦じま模様の浅間山です。
連絡があった日は、とても嬉しく、一人で飲みすぎました。
本人の一番押しは、

残雪の前穂高岳 (1024x678).jpg

北穂高岳からの残雪の前穂高岳でした。

記:HJ
posted by 草加山の会 at 09:08| Comment(0) | 日記

2018年09月29日

山行中のごはん

山での食事は結構悩みますよね。インスタントラーメンやカップラーメンも美味しいですが、連日だと飽きますし栄養的にどうかと?重量を気にしなければ肉でも野菜でも持って行って焼き肉でも鍋でも出来ますが、シビアな山行はどうしてもフリーズドライや携帯食に頼りがちです。そこで今まで食べてきて良かった物を列挙してみます。

@パタゴニアのプロビジョンズシリーズのチリビーンズ
https://www.patagonia.jp/product/provisions-red-bean-chili/PRT06.html
お値段高め734円ですがボリューム満点、コレにソーセージかベーコン入れてパンでもあれば3人分はいけます。他にもスープやクスクスのような物がありますので試してみて下さい。ひと手間掛けたほうが美味しくなります。

Aアマノフーズ 服部幸應 推薦 香るグリーンカレー
https://www.amanofd.jp/amano/shop/index.html
ほんとにフリーズドライかと疑いました!ナスやら野菜も入ってスパイシー!食欲が無い時でも匂いでそそられます。ご飯は別です。

Bもう一発アマノフーズのチキンカツ玉子とじ
https://www.amanofd.jp/amano/shop/index.html
うまいです。信じられないです。しかし一食500円でご飯別です。高級品で品薄と(TдT)

C乾燥物のポルチーニ茸
ポルチーニと粉チーズとコンソメと玉ねぎ少々とアルファ米でポルチーニのリゾットが出来ます。ポルチーニは細かくして良く水で戻しておきます。容量はアルファ米を戻す水に+αで、コッヘルにオリーブオイル垂らして玉ねぎ炒めます。火が通ったら弱火にしてアルファ米投入、少しだけ油吸わせたら、ポルチーニごと戻した水を投入してコンソメも投入して、焦がさないように煮ます。時々戻り具合確認して硬いようなら、追加で水を投入、適当な硬さになったら粉チーズ投入して良くかき混ぜれば出来上がりです!塩で味調整して、胡椒かパセリでもあれば完璧です!難点はコッヘルが汚れる事です(汗)

D仙台麩
お麩を油で揚げたやつです。タンパク質が摂れます。味噌汁に入れればボリュームアップ!ネギとかスナップエンドウと一緒にヒガシマルのうどんスープで煮込めばおかず完成です。軽量化するなら切り干し大根やネギを天日干しして持って行くのも手です。余談ですがヒガシマルうどんスープはおでんにも使えます。カレーなど他のバージョンもありますので試してみ下さい。

Eパタゴニアのエナジーバー
https://www.patagonia.jp/product/mangoorganic-fruit-almond-bar/PRF00.html
313円で高めですが、マンゴー+アーモンド、アプリコット+アーモンドなど色々とあります。ドライフルーツの様な感じで、シリアルやナッツより行動中は食べやすいです。

F一口羊羹、練乳、はちみつ
面倒な時に良く使いました。冬季以外は、どれも良いのですが、冬期は、はちみつは分離して固まるので不向き、羊羹は手袋したままだとパッケージ切るのが面倒。味気ないですが、冬期は練乳チューブに直接口つけて飲んで、お湯を飲むのが一番手っ取り早いかと思います。

記:OK
posted by 草加山の会 at 11:15| Comment(0) | 山ごはん

2018年09月26日

埼玉百名山 帳付山

草加山の会では45周年に向けて埼玉百名山を登頂する計画を立てています。

今回はその中の一座「帳付山」に登ってきました。埼玉百名山でありながら関東百名山、群馬百名山でもある百名山を冠した山です。

秩父らしい樹林帯の続く登山道の貸し切りは、とっても贅沢な空間で、たっぷり森林浴が楽しめ、壮大なアルプスとは雲泥の差でコンパクトで小さかったけど、大きさでは決まらないのが山の魅力。

馬道の快適な下りと、きのこの群れに楽しさ割増しでした。

ピークて前の岩稜帯にて
20180923帳付山026.JPG

少し始まった紅葉
20180923帳付山032.JPG

帳付山無事に登頂
20180923帳付山033.JPG

記:YACO

posted by 草加山の会 at 23:11| Comment(0) | 登山

2018年09月22日

山道具のメンテナンス バーナー

沢登りの途中で寒いからお湯沸かしてカップラーメン食べようとバーナーに火を点けたのだが一向に沸く気配がない?? 「あれれ」 と思って覗き込むと消えている...もう一度点けて観察すると火力が次第に弱まり、火力を上げても追い付かず消えてしまいます。結局その日は温くて硬いカップラーメン(TдT)を食べました。

中華製の安いチタンコンパクトバーナーだから買い替えかな?と思いましたが、気を取り直して点検!ガスは出てくるので量の調整が出来ないか?エアの吸い込みだろう?と予測してみる、ガスだけ出して、バルブ開け閉めして音を確認するとバルブは大丈夫そう!分解出来ないので解らないが内部にフィルターが無ければ、エアの吸い込みだろうとボンベとの接合部分を観察する。見た目にハッキリと判る傷やヘタリはないが取り敢えず Oリング 外して観察(外す時は爪楊枝とか柔らかいモノを使用して外して下さい傷が付くとガス漏れやエアを吸ってしまいます。)やはり特段コレと言った箇所は無いが、手持ちの新品Oリングと交換してカートリッジを着けてみると明らかに違う感触!やはりOリングがヘタっていたようです。着火テストしてお湯沸かしてみて正常なのを確認して終了!

IMG_20180713_210042.jpg

IMG_20180713_210020.jpg

IMG_20180713_205957.jpg

山道具のメンテナンスは億劫ですが結果が出るので報われます(笑)
*ガス検に受かっているメーカー品は素直にメーカーに修理出して下さい。自分で修理して事故が有った際は自己責任(自分の過失)になります。

記:OK
posted by 草加山の会 at 15:29| Comment(0) | 装備

2018年09月18日

トルコ10日間の旅

夏季休暇を使って10日間のトルコ旅行に行ってきました。
添乗員さん付きのツアーだったので道中トラブルもなく楽チンです。
気候が良くて日本と同じくらいの温度でしたが湿度が低く快適。
香辛料の強いインド系の料理かと思っていましたが意外に優しい味で日本人の口に合うものばかり。
アジアとヨーロッパの中継地で文化・歴史を感じる世界遺産と、雄大な光景が広がる世界遺産が見事でした。

アジアとヨーロッパの分かれ目のボスポラス海峡クルーズにて
DSC_2937.JPG

イスタンブールの荘厳なブルーモスク内
DSC_2091.JPG

伝説の都市トロイの木馬
DSC_2161.JPG

古代遺跡エフェス
DSC_2287.JPG

大自然の生み出した石灰棚パムッカレ
DSC_2347.JPG

奇岩溢れる自然と人間の人工物の融合カッパドキア気球より
DSC_2600.JPG

鏡のような湖面の塩のトゥズ湖
DSC_2816.JPG

見どころ満載です。トルコお勧めです!

記:YAMA
タグ:トルコ
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 旅行

2018年09月15日

マイモーズの悪場(敗退)

奥多摩最難関とされているゴルジュ。
沢登りの楽しさを教えてくれた師匠から、話だけは聞いていた。
全容は、知らなかったので、カムやハーケンなど色々と装備で、臨んだ。

m1.jpg

アプローチも20分とかからなく、急斜面を降る。
本流は、流れが速く、水量が多そうだった。
本谷に入ると、5分もかからずに、F1に到着。
32℃予想だが、ゴルジュは陽があたりずらく、暗くて寒い。
滝もドバドバと水を落としており、ものすごい威圧感で、圧倒される。

02.jpg

とりあえず、安全のため、滝つぼに飲み込まれるかどうかを、リュックにロープをつけて流して、確認。
大丈夫なので、いざトライ!
クライミングシューズを履く。
泳いでとりつき、体をあげて、1ピン目をとるのに4トライ。
そこから次へいくのに、+1トライ。
そして、最終到達地点へ+1トライ。

03.png

結局、撤退ビナの地点から先へ進めず、敗退。
左の水流か、右のスラブが・・・
どっちも微妙で怖かった。。。
クライミングシューズは、磨かれているところは大丈夫だが、緑の苔に対してすら、滑った。
フリーで行かないのであれば、やっぱり沢靴がベスト!
次回は、沢靴でトライしよう。



追伸:
途中までどう登ったのかも書こうと思ったが、やはりそれは、今後にトライする人に初見でがんばってほしいので、控えることにした。
みなさん、是非、がんばってトライしてください!
私も来年、がんばります☆

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 11:01| Comment(0) | 沢登り

2018年08月19日

白峰三山

南ア北部3000mの稜線歩きにゆっくりと3泊4日で行ってきました。
奈良田〜広河原〜御池小屋〜肩の小屋泊〜北岳山荘泊〜大門沢小屋泊〜奈良田
1日目雨
2日目嵐
3日目強風の晴れ
4日目晴れ

1日目
肩の小屋までのお花畑は、様々なお花が咲き、
急な斜面から振り返ると、
青い空と池と満開のお花たちが、登りの脚を軽くしました。
小屋でのご飯は美味し過ぎで、大盛りおかわりをお願いしました。

2日目
嵐が本格的にならないうちにと、5時に出発土砂降りの北岳山頂は何も見えず、証拠写真だけをパチリ。
2時間半で北岳山荘に到着。
本格的暴風雨に山荘で、「孤高の人」漫画編16冊を読破。

3日目
晴れるも飛ばされそうな強風の中、立ち止まり歩き、立ち止まり歩きを繰り返し農鳥岳へ。
風もやみ、ここからは快適なハイキングと思いきや、
急な下り、ザレ場と荒れた登山道に集中しながら歩くこと4時間、やっと着いた大門沢小屋。
IMG_20180817_044834.jpg

IMG_20180817_080450.jpg

4日目
歩きにくい下りの長さにげんなりしていた頃、美しい沢と吊橋が丸太橋が、迎えてくれ、楽しい下山となりました。
IMG_20180818_073932.jpg

記:YACO
posted by 草加山の会 at 08:10| Comment(0) | 登山