2019年01月01日

2018年を振り返って

昨年は、大変お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
2018年に撮影した写真を整理しながら、山行を振り返ってみました。
2018年は、16回山行に出かけました。

印象に残るベスト5の山行は、
1上高地.jpg
1月14日 上高地
冬の上高地へ初めて行きました。
釜トンネルから歩き始め、1時間10分で大正池につきます。
天気が良く、大正池から見る穂高岳には感動しました。

2硫黄岳.jpg
2月23-24日 天狗岳(八ヶ岳)
冬の黒百合ヒュッテは、混雑するので、金曜日を休んでの山行です。
やっぱり、山頂は強風で寒かった。

3五竜岳.jpg
7月14-16日 唐松岳から五竜岳
3連休で、駐車場も山小屋も混雑すると思い、久々のテント泊です。
唐松山荘に13:00頃につきました。
すでにテント場は、満杯で無理やり登山道にテントを設営しました。
想定を超える混雑です。

4穂高岳.jpg
8月11-15日 北穂高岳から奥穂高岳
北穂高岳のテント場で2泊の予定でしたが、夕方近くから雨に雷がなり小屋に逃げたかったが、遠くて逃げられず、予定を変更して1泊とする。
5日間の山行で一日中晴れた日は、なく残念でした。
最終日の穂高岳山荘〜奥穂高岳〜前穂高岳〜上高地は、マジで疲れました。

5尾瀬ヶ原.jpg
10月27-28日 尾瀬ヶ原
登山者が少ない、静かな尾瀬ヶ原で白い虹を見ることができました。
28日の日の出後に霧が流れ至仏山が現れました。

記:HJ
posted by 草加山の会 at 18:08| Comment(0) | 日記

2018年12月30日

年末の締めは沼津アルプスより富士を見て

年末最後の山行では必ず富士山の見える山に行きますが、今年は静岡の沼津アルプスに行ってきました。
沼津アルプスは歩いてみたら意外に急坂のアップダウンが多くてなかなか大変なルートでした。途中エスケープもありかなーと思っていましたが、みんなよく歩き、結局予定通り全部縦走できました。

登り始めは富士山がとてもきれいに見えました。静岡から見る富士山も素晴らしいです。
※富士山の手前の稜線は愛鷹山。
DSC_3263.JPG

沼津アルプスの良いところは太平洋が眼下に見えること。
DSC_3318.JPG
山から見る海もまた乙なものです。

自分へのご褒美として沼津港の丸天にて美味しい海鮮をいただき1年を締め繰りました。
DSCF1645.JPG

今年1年怪我もなく無事に登山を楽しめたことに感謝です。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 山から眺める富士

2018年12月25日

第9回足立フレンドリーマラソン

12月23日「第9回足立フレンドリーマラソン」10km参加しました。

image002.jpg

第1回からちょこちょこエントリーしてきましたが、毎回10km完走することだけを目標にしていて、タイムは気にしていません(というか、あまりにも遅いので)。

10km走りながらいろいろな事に思いをはせています、一年を振り返るというよりは自分自身に向き合う、というか走っていると素直になれるような気がします。

こうしたい、ああしたい、振り返るより前向きな気持ちなって、ゴールした時には体の疲れよりも心が満たされることの方が勝っているのです。

今年も完走できた、また来年一年頑張るってね。
とても地味な大会ですが、アットホームで走っていて気持ちが良いです。
ボランティアの人たちが暖かいです。

どなたか、一緒に走りませんか(タイムにこだわらず、だけどね)。

記:kn
タグ:マラソン
posted by 草加山の会 at 22:51| Comment(0) | 日記

2018年12月17日

山道具のメンテナンス クランポン(アイゼン)

金物の先端編2です。

アイスクライミング以外でも先の丸まったクランポン(アイゼン)は、厳冬期の風強い所ですと氷化してい場所では役に立たず危険です!!一度自分のクランポンのツメを点検してみて下さい。アイゼントレをやっていると、結構削れて丸くなっていますよ!

クランポンの前爪の研ぎ方は色々とあるのですが、フロントの立て爪下側の丸まりが酷いようなら、丸まっている部分の先端を一度平らに削ってしまい、左右から45度で削って下側を尖らせるとキレイに削れて尖ります。フロント以外の爪はカーブを描くように両サイドから削って尖らせます。ブラックダイアモンドやグリベルの一部はステンレス使用しているので削るのに結構労力を使いますので、覚悟してやって下さい(笑)

PB280012.jpg

PB280013.jpg

PB280014.jpg

因みに残雪期のみや氷化しているような所には行かないというのであれば、メンテナンスは不要です。
こちらはアックスと違い失敗するとピックだけ交換とは行かないので、自分でやる場合には十分注意してやって下さい。

記:OK
posted by 草加山の会 at 00:25| Comment(0) | 装備

2018年12月12日

秩父帰りの山ごはん 悦楽苑にて

11月にOKリーダーのもと埼玉百座を登りにバリルートの酉谷山に登って秩父から帰る時のこと。
武甲温泉で汗を流してから「悦楽苑」に行ってきました。
ここは以前OKがブログでも紹介している場所です。

↓こちら
クライミング帰りのご飯

新人のANは「みそラーメン」大盛をオーダー。こやつは結構ガタイが大きく食べるのは自信がある。
そしてテーブルに置かれたラーメンがこちら。

20181003 酉谷022.JPG

え・・・もやしが山になっているんだけど(スープ別盛だし)・・・汗
でもANは目を輝かせ嬉々として食べ始めた。

image.jpg

そして、敗退したのであった!

いや、量多すぎですから〜〜〜〜。

ちなみにYAMAはチャーハンの大盛をオーダー。
20181003 酉谷024.JPG

3合以上ありそうな盛りで同じく敗退しました。でもチャーハンはお持ち帰りで美味しくいただきました。

デカ盛りのお店に行くときにはくれぐれも注意しましょう。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 21:32| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年12月10日

山行中のごはん 豚肉の味噌漬けはお勧め

山で食べる食事はなるべく軽くて美味しいものを工夫して用意するのがベスト。
でも、YAMAは若干重くても食材を担いで登り、料理して美味しく食べたいと思うことが多いッス。
秋から冬にかけては寒くなってきて食材の傷みは軽減されます。
そこでよく肉を冷凍して持っていき料理に使いますねー。

今年の11月、埼玉百座の縦走で一杯水避難小屋で仲間と宿泊しました。
その時は、豚肉を味噌漬けにして冷凍したものを担ぎました。
そして生野菜で付け合わせのキャベツ。
肉はさっと焼くだけで簡単に美味しく食べられます。
キャベツはざく切りでごま油と塩で和えるだけでメッチャ旨いお酒のツマミになるのです!

DSCF1185.JPG

頑張って担げるなら是非お試しあれ!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 21:52| Comment(0) | 山ごはん

2018年12月05日

YACOのピッケル自慢

冬、雪山に欠かせないギア。
ピッケル=私のは最高です。

P_20181128_151239_vHDR_On.jpg

なんたってチタンだから軽い、バランスが良い、長さがぴったり、扱いやすい

ビッケルは雪に刺して使うのが一般的ですね。
というか、雪に刺すだけだと思っている人が多いです。

いやいや、岩に引っ掛けたり。
段差では、ポール替わりに自分を支えたり。
物を避けるときも使います。
他にもいろいろ使えるんです。

私のは、地元草加市の「ミゾー」「レインボー」チタンです。

場所は、埼玉県草加市手代町100−17
扉開いて工場に入ると、懐かしいオイルの薫りがほのかに芳しく〜。
今や年代物の機械が、こじんまりと整列している。

引き締まって、鍛え上げた体を持つ優しい社長さんと、暖かな笑顔の奥様が一つ一つ磨き上げて作製しています。

山の話で盛り上がり、アックスの使い方指導は、屋根の梁に向かって
「ビシュ」
こうやるんだと、
「ビシュ、ビシュ」
持ち方から、打ち方の実践指導つき。

ちょっとのつもりが、暫く話し込んでしまい、縦走用のピッケルを試しに握ったら、あまりのバランスの良さとと軽さに、もう欲しくて買わずにいられなくなり注文している自分がいました。
「今から磨くから、仕上がりは一週間後ね。」と言われ一週間の長かったこと〜。

登山のピッケル何を選んだらいいの?
そう思ったらミゾーのピッケルを握ってみてください。

http://www.mizo.co.jp/pikel.php

きっと、楽しくて楽しくてしょうがない素敵な雪山を共にしてくれる、相方になるはずです。

記:YACO
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 装備

2018年12月04日

雪上訓練 谷川岳にて

OKリーダーのもと谷川岳に雪訓に行ってきました。
今シーズン初雪山です。

まだまだ雪が少なく、当初予定していた天神峠での訓練はできず、ピークを目指すことになりました。
途中の岩場は雪がすっかり解けていて真っ白になるのは何週間先だろうか。
DSCF1453.JPG

とりあえず4人で山頂を踏む。谷川の山頂から見る景色は最高!
DSCF1474.JPG

かろうじて肩の小屋から天神に降り始めるあたりで、滑落停止訓練してきました。
DSCF1492.JPG
こちらはOKリーダーの華麗なる停止。

雪山、アイゼン装着初めてのきしちゃんもバンバン滑落停止していてステップアップになったかな?
20181202tanigawa017.JPG

YAMAも新調したアイゼンの試し履きができて良かったです。いよいよ雪山シーズン始まりだ〜!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 登山

2018年12月01日

クライミング帰りの山ごはん 聖人岩編

平日、聖人岩。
ほぼ貸切状態でのんびりクライミング☆

20181109114459.jpg

帰りに寄った、川越のすぺいん亭!

20181109114402.jpg

20181109114242.jpg

ちょっと高いけど、雰囲気、料理は良い。
店員もかなり親切。
「天使のえび」の食べ方を伝授してもらった。

記:ryuji
タグ:川越 聖人岩
posted by 草加山の会 at 10:15| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年11月30日

赤岳〜横岳〜硫黄岳 初冬の八ヶ岳登ってきました

寒い、寒い、八ヶ岳の冬は寒い。

2年前の12月末 赤岳へ雪道を歩いたことを思い出した。
あの時はヘルニアで何度も足がすべって転んだっけ。

横岳と硫黄岳はじめていく周回コース
私は、めまいで2度ふらついた、
体が重い、頭痛が激しい、吐き気がおさまらない、そしてうずくまった。。。
これが、高山病というものなのだ。
初めての経験だった、新鮮なおどろきに、やってくれるな八ヶ岳め。

山は、弱い人間に味方をしない。
山は、強い人間の味方

久しぶりの2500m超え。重たい体を前に進ませながら、 
登りながら「しんどいなぁ」と感じ、
登りながら「かったるいなあ」と感じ、
登りながら「歳を取ったなぁ」と感じ、
感じるマイナスの気持ちに負けてたまるか。と楽しかった。

新人の松さんは無口だ。溢れる笑顔から、山行の楽しさを感じ取れた。それが嬉しかった。
年配のお殿様が、脚が・・・といいながら、がんばっていた。その時折りゆがんだ顔が、生きてる実感をくれた。
リーダーの軽快な歩みを追いかけながら、この人は何人連れて歩いてきたんだろう。
来たかった横岳、硫黄岳、イメージしていたのとちょっと違った。

yatu02.jpg

yatu01.jpg

「ちっぽけだ。」  
こんなに壮大な山もちっぽけだ。
人の一生はもっとちっぽけだ。

記:YACO
posted by 草加山の会 at 23:58| Comment(0) | 登山