2019年11月05日

キノコ狩り

20191026・27キノコ狩り
紅葉の中、1泊2日キノコ狩りに行ってきました。
豊野則夫さんのガイドに「キノコ狩り」があったので、それに参加です。

豊野さんは、沢登りの神様!
本当は、泊まりの沢登りでご一緒というのが理想ですが、
はじめての今回は、自分ではなかなかどうしようもないきのこでお世話になってきました。
沢登りをする上で、山菜・きのこ・イワナは、追求していきたいです。

参加者は、同級生3名と1名。
6.jpg

全員で5名、軽身でナメコがとれそうなポイントを何カ所か巡った。
1.jpg

1日目は2ポイントを巡り、けっこう採れたので、早めに宴会へ。
たき火を焚き、豊野さんが作ってくれたキノコ鍋を堪能しながら、長い宴会を楽しんだ☆
2日目も2ポイントを巡ったが、お目当てのナメコ畑のところが不作で、次のところも小さいのしかなかった。

自然のキノコを見つけて、採って、食べる。
とても良い体験ができた。
キノコが群生しているところを見つけると、ものすごく興奮する(笑)

豊野さんには、
キノコのありそうなポイントなど色々と教えていただき感謝です。
日本酒の飲み過ぎで先に潰れてしまったので、次回があるなら、様々な沢の話をもっと聞きたい。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

結局、
採って食べたキノコは、
ナメコ
シャナメツムタケ
ブナハリ
ムキタケ
クリタケ

食べなかったのは、
チシオタケ
スッポンタケ
オニフスベ?

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 23:11| Comment(0) | 日記

2019年10月24日

少し早い紅葉,栗駒山

なかなか週末のお天気が恵まれない中,10月1週目に栗駒山に行ってきました。
天気が悪ければ、温泉でも観光でもいいか・・と毎回思うものの,現地に着くと何故か足は山に向かってしまうのが不思議です。

初日は,須川高原温泉から登山道に入りましたが・・霧雨と濃霧でほとんど何もみえない〜。人にあわない〜。ただ運動にきただけ〜。ということで、さっさと下山して須川高原温泉に。
image002.jpg

大して動いていないのに、、、前沢牛のハンバーグを食します(-_-)
image004.jpg

お宿は大沢温泉に泊まりました。レトロ感がいいです。お風呂は4箇所はいれます!雨でしたが満室でした。
image006.jpg

image008.jpg

2日目は予定を変えていわかがみ平から再度栗駒へリベンジ。ここまで来たからには、晴れの栗駒をいただかないと悔いが残る。ただ、今年は暖かかったこともあり紅葉は少し早めでした。
image010.jpg
東栗駒山

image012.jpg
栗駒山

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 23:56| Comment(0) | 登山

2019年10月22日

45周年記念 会員バスハイクで尾瀬ヶ原へ

10/19-20草加山の会 創立45周年記念で尾瀬ヶ原を歩きました。

会員の半数以上である40名以上が会員バスハイクに参加。
天気が心配でしたが金色の尾瀬ヶ原を年齢問わず皆で楽しむことができました。
尾瀬はシーズン問わず素晴らしい場所ですね。

DSC_0041.JPG

DSC_0097.JPG

DSC_0113.JPG

DSC_0163.JPG

DSC_0187.JPG

RIMG1263 (1024x576).jpg

ご興味がある方は是非当会へ見学にきてください!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 21:21| Comment(1) | 登山

2019年10月18日

ホラ貝のゴルジュ

ホラ貝のゴルジュ
沢登り中級ルート
日帰りで行けて、登攀、泳ぎを堪能できる。
F1は、空身でないとしんどい。
クラックにカムで支点をとって登る。
核心は、ゴルジュの中のトラバース。
鐙トラバースと聞いていたが、鐙はなくても大丈夫。
残置ハーケンがあるが、後半はフリー的になる。
終了点は、自分で構築する必要がある。
ツルツル壁に足をおかなければならないので、中級者以上でないと危険。
ラバーソール推奨。
その後の泳ぎも、慣れていないと突破できないかも。
水量が多い場合は、ゴルジュ手前で渦を巻いているので、勇気ある撤退を!

IMG_8565.jpg

P8040049.jpg

P8040071.jpg

P8040095.jpg

P8040141.jpg

P8040151.jpg

記:ryuji
タグ:奥秩父
posted by 草加山の会 at 23:01| Comment(0) | 沢登り

2019年10月12日

山道具のメンテナンス ビレイグローブ

今まで使っていたビレイグローブが、草臥れて来たので買い替えました。本皮で柔らかくて使い易くて良いのですが、値段に吊られて買ったワーク用の物なので、カラビナループがありません。
IMG_20180927_181945.jpg

ミシンが使えればループを縫い付ける事も可能かもしれませんが、自分は使えないし、ループを付けられそうな手首の部分はネオプレンの薄い感じなので、縫い付けられるのか??
パンチで穴は簡単に開けられそうだけど、ただ穴開けただけだと、解れる?と言うか?穴が広がりそう...。
どうしようかと?工具箱の中を探したらハトメがあったので、ポンチで穴開けてハトメを打って付けてみました。
IMG_20180927_182646.jpg

しかし通常の布と違い伸び縮みが凄いので簡単にハトメが外れていしまいます(TдT)もっと強く打ってハトメを強くカシメると布地が切れそうだし(汗)どうしたもんか?と悩みましたが、ゼリー状瞬間接着剤をカシメ部分に塗って解決!!
IMG_20181010_181458.jpg

あとは細引き通してダブルフィッシャーマンズノットで締めれば、カラビナループ完成です!後先考えずに穴開けてしまっていたので無駄にならずに良かったです(笑)
IMG_20181010_182403.jpg

記:OK
posted by 草加山の会 at 21:33| Comment(0) | 装備

2019年10月07日

レスキュー研究会B

SMSCA遭難対策委員長の瀬藤さん主催のレスキュー研究会に参加してきました。
三回目は、研究会課題が与えられ、午前に課題についてどういう考えに基づいてどういう行動をとるのか、午後には実際に岩場での実演をおこなった。
27名が参加して、グループ4チームに分かれて、それぞれで検討。
課題は、簡単に説明すると、
ハングしている壁のルートを登攀中、1p目の壁でトップが落ちて、片腕負傷、出血多量。
40mロープだが、半分以上でていて、ロワーダウンするロープの長さが足りない。
1p目テラスから下のとりつきまで30m以上ある。
私のチームが午前中に考えたプランは、2つ。
最終的に採用された私のチームのプランは、
ビレーヤーは、両方のロープを仮固定して自己脱出、壁に近くテラスに降りやすいロープAにトップの荷重を移しておく。
Aをクレムハイストで固定し、その上でそのロープを8の字で固定。
Aにプルージックを結び、墜落者の元へ。
そして、出血を止めるために、圧迫止血で応急処置。
それから、固定ロープの一番上の支点まで行き、そこの支点でロープを固定。
そこから墜落者の近くに戻り、そのあたりにある2カ所の支点から、懸垂下降する支点をつくる。
墜落者に結んであるロープBを切断し、そのロープを懸垂支点にセット。
懸垂してもテラスに降りられるように、ビレーヤーのハーネスと固定Aをヌンチャクでつないでおく。
振り分け懸垂の準備をし、墜落者のロープAも切断。
懸垂して1p目テラスに降り、ロープBを回収して、そのBをテラスの支点に固定して、1本で振り分け懸垂。

午後、岩場でそれぞれのチームが自分たちで考えたことを実演した。

2.JPG 1.jpg

時間がなくて、1グループ、それぞれ1回だけで、振り分け懸垂は次回の持ち越しとなった。

内容としては、これまで講習会でやってきたことだったので、問題はなかったが、救急法はあんまり覚えていなかったので、その練習が必要だと感じた。
アルパインクライミングをする方は、習得しておくべき技術だと思うので、興味がある方は、リーダー部O部長に声をかけてくださーい。

記:ryuji
タグ:講習会
posted by 草加山の会 at 22:55| Comment(0) | 日記

2019年10月05日

西穂高岳〜奥穂高岳縦走! 憧れのジャンダルムへ!!

9月の3連休、憧れのジャンダルムへ行ってきました。

1日目、上高地から西穂山荘へ。
お昼前にはすでにテントがいっぱい。ギリギリ張れました。
image001.jpg

2日目、暗いうちに歩き始め、西穂の山頂ではすっかり青空。
image002.jpg

永遠と続く縦走路。気持ちの良い岩稜帯歩き。
image003.jpg

急な岩場が続きます。だんだん飽きてきます。
image004.jpg

逆層スラブ。スリル満点。
よく見るとYリーダーが登ってます。(写真中央左)
image005.jpg

ついにジャンダルム目前!
image006.jpg

ジャンダルム頂上!天使がいました。
槍〜穂高が見渡せる、最高の景色!
image007.jpg

振り返って見るジャンダルム。
迫力があります。
image008.jpg

奥穂高岳へと続く馬の背。
image009.jpg

馬の背の登り口。
image010.jpg

こんな感じ。切り立ってます。
image011.jpg

最後の頑張りです。
image012.jpg

穂高岳山荘に到着!
山荘手前の梯子は渋滞で1時間待ちでした。すごい賑わいです。
ここから涸沢までもう一息。達成感のある1日でした。
image013.jpg

最終日。涸沢から上高地へ。
3日間天気に恵まれ、素晴らしい山行でした。
image014.jpg

記:きしちゃん
posted by 草加山の会 at 10:32| Comment(0) | 登山

2019年10月03日

西穂〜ジャンダルムから眺める富士

北アルプスの破線ルートとして知られる西穂高〜奥穂高の縦走。
緊張する登下降が続く中、周辺の景色を眺めると富士山が目に入りました。
ほっと息を付ける瞬間、ついつい富士山を目で追ってしまいます。

西穂独標より
DSCF5228.JPG

西穂高山頂より
DSCF5240.JPG

憧れのジャンダルムより
DSCF5339.JPG

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 山から眺める富士

2019年09月17日

白馬岳

最近、あまり山に行ってなく、体力が心配だが、北アルプスに行きたい。
なら、なるべく楽な唐松岳か白馬岳だ。唐松岳は昨年行った時に、テントが超満員で嫌な思い出があり、白馬岳に行くことにした。

9/13 なんとか、白馬テント場までつき、テント設営し、テレビで杓子岳からの白馬岳は、素晴らしいと言っていたので、杓子岳に行く。
DSC02247 (1024x683).jpg

9/1 予定は白馬鑓温泉でしたが、昨日の疲れが残っていて、白馬岳で連泊することにする。
朝食後に小蓮華岳までいきました。
久しぶりに、山でノンビリと一日過ごしました。
DSC02403 (1024x683).jpg

9/15 夜は強風で霧が出ていたが、朝起きると風もやみ天気が良くなり、白馬山荘の近くまで行き、綺麗な雲海で感動し、下山しました。
DSC02473 (1024x683).jpg

記:HJ
posted by 草加山の会 at 23:01| Comment(0) | 登山

2019年09月11日

マレーシアへ

遅めの夏季休暇でマレーシアへ行ってきました。今回は首都クアラルンプールから北上して経済の町ペナン、南下して世界遺産である歴史の町マラッカを訪れました。

首都クアラルンプールは地震がない国らしく高層タワーが立ち並びTOKYOと遜色ない雰囲気です。
ペトロナスツインタワーの夜景は美しかった。
20190831マレーシア109.JPG

北上する途中で立ち寄ったブキットメラでは、オラウータン保護島に船で上陸。
柵があるとはいえ間近で可愛いオラウータンに餌をあげることができました。柵の手前に落ちたエサを取るために棒を駆使する頭の良さに感動。
20190831マレーシア063.JPG

マレーシアで最も歴史があるのは交易の要所であるマラッカ。世界遺産の町です。
様々な文化が混ざり合い、様々な宗教が隣合う不思議な雰囲気の街並みが目を惹きました。
20190831マレーシア121.JPG

いろいろな山に行くのも良いですが、たまには異なる文化や歴史に触れるのも良いですね♪

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 23:48| Comment(0) | 旅行