2018年09月18日

トルコ10日間の旅

夏季休暇を使って10日間のトルコ旅行に行ってきました。
添乗員さん付きのツアーだったので道中トラブルもなく楽チンです。
気候が良くて日本と同じくらいの温度でしたが湿度が低く快適。
香辛料の強いインド系の料理かと思っていましたが意外に優しい味で日本人の口に合うものばかり。
アジアとヨーロッパの中継地で文化・歴史を感じる世界遺産と、雄大な光景が広がる世界遺産が見事でした。

アジアとヨーロッパの分かれ目のボスポラス海峡クルーズにて
DSC_2937.JPG

イスタンブールの荘厳なブルーモスク内
DSC_2091.JPG

伝説の都市トロイの木馬
DSC_2161.JPG

古代遺跡エフェス
DSC_2287.JPG

大自然の生み出した石灰棚パムッカレ
DSC_2347.JPG

奇岩溢れる自然と人間の人工物の融合カッパドキア気球より
DSC_2600.JPG

鏡のような湖面の塩のトゥズ湖
DSC_2816.JPG

見どころ満載です。トルコお勧めです!

記:YAMA
タグ:トルコ
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 旅行

2018年09月15日

マイモーズの悪場(敗退)

奥多摩最難関とされているゴルジュ。
沢登りの楽しさを教えてくれた師匠から、話だけは聞いていた。
全容は、知らなかったので、カムやハーケンなど色々と装備で、臨んだ。

m1.jpg

アプローチも20分とかからなく、急斜面を降る。
本流は、流れが速く、水量が多そうだった。
本谷に入ると、5分もかからずに、F1に到着。
32℃予想だが、ゴルジュは陽があたりずらく、暗くて寒い。
滝もドバドバと水を落としており、ものすごい威圧感で、圧倒される。

02.jpg

とりあえず、安全のため、滝つぼに飲み込まれるかどうかを、リュックにロープをつけて流して、確認。
大丈夫なので、いざトライ!
クライミングシューズを履く。
泳いでとりつき、体をあげて、1ピン目をとるのに4トライ。
そこから次へいくのに、+1トライ。
そして、最終到達地点へ+1トライ。

03.png

結局、撤退ビナの地点から先へ進めず、敗退。
左の水流か、右のスラブが・・・
どっちも微妙で怖かった。。。
クライミングシューズは、磨かれているところは大丈夫だが、緑の苔に対してすら、滑った。
フリーで行かないのであれば、やっぱり沢靴がベスト!
次回は、沢靴でトライしよう。



追伸:
途中までどう登ったのかも書こうと思ったが、やはりそれは、今後にトライする人に初見でがんばってほしいので、控えることにした。
みなさん、是非、がんばってトライしてください!
私も来年、がんばります☆

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 11:01| Comment(0) | 沢登り

2018年08月19日

白峰三山

南ア北部3000mの稜線歩きにゆっくりと3泊4日で行ってきました。
奈良田〜広河原〜御池小屋〜肩の小屋泊〜北岳山荘泊〜大門沢小屋泊〜奈良田
1日目雨
2日目嵐
3日目強風の晴れ
4日目晴れ

1日目
肩の小屋までのお花畑は、様々なお花が咲き、
急な斜面から振り返ると、
青い空と池と満開のお花たちが、登りの脚を軽くしました。
小屋でのご飯は美味し過ぎで、大盛りおかわりをお願いしました。

2日目
嵐が本格的にならないうちにと、5時に出発土砂降りの北岳山頂は何も見えず、証拠写真だけをパチリ。
2時間半で北岳山荘に到着。
本格的暴風雨に山荘で、「孤高の人」漫画編16冊を読破。

3日目
晴れるも飛ばされそうな強風の中、立ち止まり歩き、立ち止まり歩きを繰り返し農鳥岳へ。
風もやみ、ここからは快適なハイキングと思いきや、
急な下り、ザレ場と荒れた登山道に集中しながら歩くこと4時間、やっと着いた大門沢小屋。
IMG_20180817_044834.jpg

IMG_20180817_080450.jpg

4日目
歩きにくい下りの長さにげんなりしていた頃、美しい沢と吊橋が丸太橋が、迎えてくれ、楽しい下山となりました。
IMG_20180818_073932.jpg

記:YACO
posted by 草加山の会 at 08:10| Comment(0) | 登山

2018年08月17日

涸沢から穂高岳での一枚

8月11日〜15日 上高地〜涸沢〜北穂高岳〜涸沢岳〜奥穂高岳〜前穂高岳〜上高地へ行ってきました。
普通なら2泊3日の行程ですが、ノンビリと4泊5日でボート生きてきたので、チコちゃん5歳に叱られそうです。
北穂高岳で2泊の予定でしたが、12日の夕方に大雨と雷で怖くテント場から小屋に逃げて行きたいが遠くて行けず、13日も天気が悪そうで、予定を変更してテント場から小屋が近い穂高岳山荘に1日早く移動しました。
北穂高岳は、10月に再チャレンジします。
5日間の中で晴れたのは14・15日の朝だけです。
あ〜あ〜 日頃の行いが・・・・・
涸沢から穂高岳での一枚は、

DSC00893 (1024x683).jpg

入山して4日目にやっと晴れた朝の涸沢岳からの奥穂高岳から前穂高岳にしました。

記:HJ
タグ:涸沢 穂高岳
posted by 草加山の会 at 06:51| Comment(0) | 写真

2018年08月14日

クライミング帰りのご飯

地元埼玉のご飯行ってみます!!
どうしても秩父方面に偏ってしまいますがご勘弁を

eturakuIMG_0584.JPG

eturakuIMG_0582.JPG

edenIMG_0874.JPG


@悦楽苑: 埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬4324-2
何ともな名前ですが、デカ盛りで有名な所です。ボリュームたっぷりです。
麺類の大盛りは気をつけたほうが良いです(汗) 駐車場は店の前です。

Aレストランエデン: 埼玉県秩父市野坂町1丁目20-9
洋食屋さんです。とんかつ、カレーが有名ですが、 食べられなかった味噌豚の影響か? ポークソテーを注文しました。美味しかったです。駐車場は店の左手です。

Bホルモン高砂: 埼玉県秩父市東町30-3
いつも混んでいてココは未だ入店できてません。行く時間が分かっていれば予約を
お勧めします!秩父在住の友人に勧められたので間違いないと思います。

C古都: 埼玉県入間市宮前町12-11
入間ですので、名栗,飯能方面の帰りに!通常で大盛りです。迂闊に大盛りを頼まない
方が良いです!!味は普通かな(笑)狭いですが駐車場あります。

D福六十: 埼玉県飯能市緑町11-20
飯能市内です。上の古都に比べるとややデカ盛り?という感じですが、普通以上はあります。
自分的にはコチラくらいの盛り方が適度かと(笑)

EレストランHAMA:埼玉県飯能市赤沢876
名栗湖方面の帰りに!肉関係充実していますが量は普通です。山女魚の唐揚げと
トマトスープうどんもおすすめです!!

*名栗の辺りから飯能に抜ける道の辺りは、最近カフェやら古民家レストランが出来ているようなので検索すると面白いかと思います。

群馬編は栃木編と一緒になるかもです〜

記:OK
posted by 草加山の会 at 23:34| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年08月09日

今年も大雪山に行きました!

前週に台風経過があったため、今回は“雪あり河川増水あり花畑あり”とバリエーション豊かで歩いていてとても楽しかったです。また、単独だったので好きな時に止まって写真が撮れたことでテンションは一気に↑↑に。
一方、素敵な景色に思わず「綺麗〜」とつぶやくと普段の山行なら必ず誰かが会話をつないでくれるのですが、1人だと単に「独り言の多い怪しい人」でした。

今回初めてストックを使ったのですが、リズムよく花咲く尾根を歩いていると何故か『ドレミの歌』が止まらなくなり(笑)。もっとも、その日は6時間以上誰ともすれ違わなかったので大丈夫だったと思います。

大雪山_駒草平から赤岳の間.jpg
大雪山_駒草平から赤岳の間

大雪山_安足間岳→当麻乗越の尾根.jpg
大雪山_安足間岳→当麻乗越の尾根

大雪山_チングルマ.jpg
大雪山_チングルマ

記:SARU
posted by 草加山の会 at 00:47| Comment(0) | 登山

2018年08月03日

利尻・礼文のおいしいごはん

利尻礼文に訪れていただいたご当地グルメ。
YAMAとしてはかなり奮発してしまいましたが食べて悔いなし!

その1.利尻島フェリーターミナル向かいにある「さとう食堂」でうに丼4,300円也〜。
口の中でフワッと消える甘いウニは現地でしか味わえません。
DSCF9471.JPG

その2.礼文島の漁協組合に併設された「かふか」で二色丼3,200円也〜。
うに丼もいいけど二色丼も旨い!
DSCF9593.JPG

その3.礼文島の「食堂さざ波」で岩のりラーメン1,250円也〜。
海の旨みが凝縮されたスープは絶品です。ラーメン好きにはたまらないね!
DSCF9621.JPG

他にもホッケのチャンチャン焼き、ヌカボッケ、タコの刺身など美味しいものたくさん。
利尻・礼文万歳!!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年08月02日

花の山旅 利尻・礼文

7/27-30で念願の利尻・礼文に行ってきました。
台風が心配されましたが関東が大雨の中、利尻は今年最高の気温。
利尻山も晴天の中登頂することができました。これで百名山は97座目です。
花が見事で北海道の山はやっぱり良いな〜と思います。
レブンアツモリソウの時期に再訪したい山旅でした。

DSCF9430.JPG
長官山から利尻山頂

DSC_0049.JPG
利尻山の山頂直下の花の群生

DSC_0096.JPG
フェリーで礼文に行く途中から見た利尻島

DSC_0215.JPG
礼文桃岩付近から見た利尻山

DSC_0196.JPG
礼文でようやく見つけたリシリソウ

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 登山

2018年08月01日

山道具のメンテナンス ツェルト

6月のヤビキ沢で昼食時にツェルト張って雨宿りしているとポトポトと雨漏れが(汗)冬に使った時にでも破いたのか?3,4cmのほどの鉤裂きが...
P7130028.JPG

面倒だったので乾かして放置してましたが、風で煽られて傷が大きくなるのも嫌だし、ツェルトは頻繁に使うので修理しました。

テントの修理にはアライのリペアキット使用していましたが、今回はツェルトだしチョット冒険してみます。ダウンにアックスで穴開けてしまった時にも使用した物です。「KAWAGUCHI ナイロン用 補修シート 透明」で検索すれば出てきます。接着力も割とあり伸びるので便利です。ダウンは補修して一冬越しましたが剥がれてません。
P7130029.JPG

損傷箇所に併せて切り出して角を落として念の為表と裏から貼り付けて終了!!
P7130030.JPG

ツェルトはお守りで持って行っても使わない人が大半だと思いますが、ビバーク以外にも、雨の中や雪の中での休憩に、人目のある所での用足しや、寒い時の防寒、テントに入り切らない荷物を包む等使い道は色々あります。実際使ってみるのが一番慣れるので、是非積極的に使用してみて下さい!!

記:OK
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 装備

2018年07月31日

乾燥海藻サラダ

白馬岳へ行ってウルップソウなどの花を見て、白馬鑓ヶ岳から白馬岳の写真を撮りに行く予定でした。
残念ながら、台風12号が近づき天気も悪いし、来年まで延期です。

話は変わり、テント山行での朝食はラーメン・夕食はα米+ジフィーズのカレーなどです。
草加山の会〇〇さんに「乾燥海藻サラダを水で戻してポン酢も美味しいですよ。」と教えていただきました。

写真@.jpg
近くのスーパーで買ってきました。

写真A.jpg
水で戻して食べると美味しいです。
8月行く予定の穂高岳山行に持っていこう。
小屋泊まりの山行での酒のつまみにもいいと思います。
お試しを。

記:H・J
posted by 草加山の会 at 21:23| Comment(0) | 山ごはん