2020年02月14日

Akkoさん厳冬期アルパインデビュー

ゲレンデアイスの予定だったのですが、Nさんが肩の故障で不参加になる。
しかも暖冬の為、埼玉や群馬のゲレンデアイスが尽く駄目なので、八ヶ岳まで足を伸ばさないとダメ。どうせ行くなら混んでいるゲレンデやアイスキャンディーより広河原沢左俣の方が良さそう!それにAkkoさん最近クライミング始めてメキメキ上達しているし、 ビレイはクライミングで、マルチのフォローは乾徳山で経験済み、更にガイド講習でアイスクライミングを一度体験しているし、体力も有るので広河原沢左俣から阿弥陀を登頂する計画に変更する。

最初の滝にて簡単にアックスとアイゼンの扱いを説明して登る、最初の滝はフリーで二番目は確保して、三番目で撃ったスクリュー回収の練習をする。その後の滝でももう一度スクリュー回収の練習をして、CS滝を超え下部大滝へ着く。

taki.JPG

時間的には余裕があるので、そのまま登って上に抜ける。回収で手間取ったようですがノーテーションで上がってくる!大岩は右から行って少し左に折れて、陽が差して蒼い氷が眩しい階段状の滝をフリーであがる。ちょっと行くと上部大滝です。

P2090515.JPG

前のパーティーが取り付いたばかりなので日だまりで休憩してから登攀開始!今回も回収で手間取りましたがノーテンで登ってくる!!時間確認するとまだまだ余裕だったのでAkkoさんに疲れたかと聞いてみると「マダイケマス!」との返事!阿弥陀の頂上を目指す事に!

ここから前のパーティーの踏み跡を追っても良かったのですが左のルンゼの雪面の方が締まっていたのと御小屋尾根で上がる選択もあったのでノートレースの左を選択する。途中までは良かったがいきなりモナカ雪で踏み抜き多発、右側の草付きに逃げてみたが今一つ、御小屋尾根と中央稜の間で悩みましたが中央稜に上がるルート選択する。

3 (2).JPG

4 (2).JPG

腿ラッセルくらいになりヒーヒー言いながら中央稜に復帰する。風は強いが晴れて眩しくて目が痛いくらいです。摩利支天と阿弥陀頂上から南陵への稜線が目の前に広がって素晴らしい!

2 (2).JPG

摩利支天超えて頂上に到着!

toutyou.JPG

阿弥陀初登頂のAkkoさんもイロイロ体験して堪能してもらえたようで良かったです。帰りは御小屋尾根で下山。待ち時間も少なく大きなトラブルも無く天気にも恵まれて、ヘッデン下山の予定が明るいうちに降りることが出来ました。

記:OK

posted by 草加山の会 at 06:58| Comment(0) | クライミング

2020年02月11日

初心者I社長のフリークライミング観察記B:福島県・青葉編

最初は近場の阿寺の予定だったが、前日の雨の影響が否めないため、またはるばる青葉にいくことに。

粘土細工で日々指先鍛錬をしていたI社長、今日のクライミングはいかに。
image002.jpg

最初は、スラブの5.8を。
ホールドが乏しく、足で登っていかなければならないが、おみごとトップアウト!
そして、気分良く、二回目もトライするが。。。
ずるりんちょして、ヌンチャクをゲット(笑)
image004.jpg

お次は、そのスラブ壁の右側5.8+。
安全を考えて、丸秘書のために、はじめてのプリクリップをきめるI社長。
image006.jpg

今度は、余裕で登るI社長。
image008.jpg

簡単に登れたので、そのさらに右隣にある10bを丸秘書に登らせる。
image010.jpg

ずずずずずー、核心部で何度も足を滑らせ落ちるI社長。
んー、この10b、ムズカシイ。。。
image012.jpg

ここで力尽き、お昼休憩。
休憩中、メインエリアの5.9を登る人たちをみて、そこを登りたくなったI社長。
午後一発目、笑顔で5.9をスタート。早くビレイしろと催促中〜。
image014.jpg

先ほどの5.9がちょっと難しく感じたみたいで、次は比較的簡単な5.9を丸秘書にリクエスト。
二度目には、ムーブを解決して、簡単に登れてご満悦なI社長。
image016.jpg

これでご機嫌となり、午前中にやった10bを再度トライ。
しかし、足が滑る滑る。。。
新しい靴を買うか?

打ち上げは、焼き鳥屋。
image018.jpg

今回登ったルート、午後一の5.9と10b以外はリードで登れそうだと、ハイボール片手に、興奮しながら話すI社長であった。
GAMBA!

記:ryuji
タグ:福島県 青葉
posted by 草加山の会 at 08:30| Comment(0) | クライミング

2020年01月31日

初心者I社長のフリークライミング観察記:古賀志山・マラ岩編

今回は、古賀志山のクライミングエリア、比較的暖かいマラ岩へ。
最初は、ヌンチャクがかかっている5.8を。
そして、次にその右側にある5.10aを。
image002.jpg

意気揚々と登りはじめるI社長
image004.jpg

おみごと完登!
image006.jpg

次は、10aだが。。。
image008.jpg

残念、ハングのところで、ぶらーん。
image010.jpg

次の10aは
image012.jpg

見事、トップアウトで、満面の笑顔☆
image014.jpg

そして、
源泉掛け流し温泉で良い汗を流し、デカ盛り店でハイボール片手に定食を食べて栄養補給するI社長であった。

記:ryuji
タグ:古賀志
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | クライミング

2020年01月19日

初心者I社長のフリークライミング観察記:福島県・青葉編

到着するも小雨が降ってたが、せっかく来たので、ちょっとだけでもクライミングをすることに。
約20分くらい登って、岩場に到着してみると、小雨降る中でもクライミングしているパーティーが4組ほど。

比較的乾いていて、人がいなく、簡単なエリアを発見!
青葉は、砂岩でところどころボコボコ穴があいていて、特殊な岩場ね。
image002.jpg

とりあえず、簡単な5.8のルートを。
image004.jpg

I社長、緊張しながらもやる気満々☆
image006.jpg

おみごとトップアウト!
image008.jpg

右隣りに5.9があったので、次はそれに挑戦。
興奮しすぎて、クライミングシューズに履き替えないでスタートするI社長。。。
image010.jpg

出だし核心で、何度かぶらーんしたが、見事ムーブを解決、トップアウト!

お昼は、丸秘書がつくってくれたけんちん汁☆
image012.jpg

昼食後、左の岩場にある10aと10bを触って、終了。

その後は、
いわき湯本で汗を流し、豪遊するI社長。
初めてのフリークライミングの岩場を体験できて、気持ちよく泥酔して、ご満悦☆
次回課題はリードするぞぉーと意気込むI社長であった。。。

記:ryuji
タグ:福島県 青葉
posted by 草加山の会 at 00:31| Comment(0) | クライミング

2020年01月03日

クライミングスクール

50過ぎましたが(;・∀・;)やっぱりクライミング覚えたい、と思い、8月末からジムに通い始めたら、とっても面白い!!先輩方にもいろいろ教えてもらい(本当に感謝感謝です)、もっと登りたくなって、10月末からクライミングジムのスクールを受け始めました。
ここまでスクールで教わったことを、ちょっとまとめてみたいと思います。

*ケガをしないように充分にストレッチをする。

*正対・・・・腹筋に力をいれ、意識しながら登る。
重心はなるべく下げる。
足を上げてから体を上げる。足と体を一緒に上げない。
呼吸は止めないように。手を出すときに息を吐く。声を出しても〇
深呼吸するとO₂入って腕張りにくい。

*フリ
強傾斜で使う。腰を壁に近づけてから手を出す。背中は丸まらないように。
肘は曲げずに。
足が高すぎるとよい姿勢取れないことも。少し下げるか横にずらす。

*オブザベ
1.ラインを見る
2.全体像を把握する
3.右手?左手?両手でマッチ?  核心部は2手以上考えておく。
4.ホールディングの形状を確認
5.足順とムーヴ
6.距離感の確認
7.クリップポイント:腕は伸ばしてクリップする。
 レストポイント:
 レストする癖をつけて、核心まで力をセーブする。
 正対のほうがレストしやすい。
 保持手真下の大きいホールドに足=レストしやすい。
 小さいホールドに足のときはレストしない。
 乗せないで足きったほうが良いことも。
 両手マッチできるホールドがよい。
8.重心の移動

*スメア
重心を下げる。下げないと滑る。スメアする足は近めで。

*デッド
背中はピシッとまっすぐに。
重心は下げて、取りたいホールド方向に勢いつけて、無重力状態になったところで手を出してホールドをとる。(手を出すタイミング早すぎると×)片方の足をスメアして(足の位置もよく見ること)重心下げ、下がった勢いで取りにいく。スメアの足は壁から離さず押しっぱなしにする。
シンプルに正対で。最後までホールドをよく見る。あごを近づけるようにすると距離出る。声出すともっと距離出る。余分に距離出てしまうと肘が曲がって消耗っしてしまう。

スクールはあと5回、年明けは10cにチャレンジです〜〜〜(*^-^*)

記:Akko
posted by 草加山の会 at 12:53| Comment(0) | クライミング