2018年12月04日

雪上訓練 谷川岳にて

OKリーダーのもと谷川岳に雪訓に行ってきました。
今シーズン初雪山です。

まだまだ雪が少なく、当初予定していた天神峠での訓練はできず、ピークを目指すことになりました。
途中の岩場は雪がすっかり解けていて真っ白になるのは何週間先だろうか。
DSCF1453.JPG

とりあえず4人で山頂を踏む。谷川の山頂から見る景色は最高!
DSCF1474.JPG

かろうじて肩の小屋から天神に降り始めるあたりで、滑落停止訓練してきました。
DSCF1492.JPG
こちらはOKリーダーの華麗なる停止。

雪山、アイゼン装着初めてのきしちゃんもバンバン滑落停止していてステップアップになったかな?
20181202tanigawa017.JPG

YAMAも新調したアイゼンの試し履きができて良かったです。いよいよ雪山シーズン始まりだ〜!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 登山

2018年11月30日

赤岳〜横岳〜硫黄岳 初冬の八ヶ岳登ってきました

寒い、寒い、八ヶ岳の冬は寒い。

2年前の12月末 赤岳へ雪道を歩いたことを思い出した。
あの時はヘルニアで何度も足がすべって転んだっけ。

横岳と硫黄岳はじめていく周回コース
私は、めまいで2度ふらついた、
体が重い、頭痛が激しい、吐き気がおさまらない、そしてうずくまった。。。
これが、高山病というものなのだ。
初めての経験だった、新鮮なおどろきに、やってくれるな八ヶ岳め。

山は、弱い人間に味方をしない。
山は、強い人間の味方

久しぶりの2500m超え。重たい体を前に進ませながら、 
登りながら「しんどいなぁ」と感じ、
登りながら「かったるいなあ」と感じ、
登りながら「歳を取ったなぁ」と感じ、
感じるマイナスの気持ちに負けてたまるか。と楽しかった。

新人の松さんは無口だ。溢れる笑顔から、山行の楽しさを感じ取れた。それが嬉しかった。
年配のお殿様が、脚が・・・といいながら、がんばっていた。その時折りゆがんだ顔が、生きてる実感をくれた。
リーダーの軽快な歩みを追いかけながら、この人は何人連れて歩いてきたんだろう。
来たかった横岳、硫黄岳、イメージしていたのとちょっと違った。

yatu02.jpg

yatu01.jpg

「ちっぽけだ。」  
こんなに壮大な山もちっぽけだ。
人の一生はもっとちっぽけだ。

記:YACO
posted by 草加山の会 at 23:58| Comment(0) | 登山

2018年11月01日

浅間山 噴火警戒レベル1に下がって登ってきました

8月30日より待ちに待った噴火警戒レベル1になった浅間山。
本当は10月3連休に計画したのですが天候不良で延期。今年は行けないかなーと思っていましたが急きょ行くことが出来ました。YAMAにとっては日本百名山の98座目になり、一緒に行った父にとっては97座目になります。

車坂峠から浅間山を見ながら草滑りを下り。
20181028浅間021.JPG

いよいよ浅間山へ登り始めます。
20181028浅間025.JPG

山頂直下はスカッと晴れた青空。独立峰のため風が強く寒いッス。
20181028浅間035.JPG

無事に浅間山(2524m)に登頂。
20181028浅間036.JPG

その後、Jバンド〜仙人岳〜蛇骨岳〜黒斑山と周回して浅間山の景色を外輪山からたっぷり堪能しました。
20181028浅間052.JPG

10月上旬は湯の平の落葉松の紅葉が見事だろうなー再訪ありかも、とっても良い山でした。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 登山

2018年09月26日

埼玉百名山 帳付山

草加山の会では45周年に向けて埼玉百名山を登頂する計画を立てています。

今回はその中の一座「帳付山」に登ってきました。埼玉百名山でありながら関東百名山、群馬百名山でもある百名山を冠した山です。

秩父らしい樹林帯の続く登山道の貸し切りは、とっても贅沢な空間で、たっぷり森林浴が楽しめ、壮大なアルプスとは雲泥の差でコンパクトで小さかったけど、大きさでは決まらないのが山の魅力。

馬道の快適な下りと、きのこの群れに楽しさ割増しでした。

ピークて前の岩稜帯にて
20180923帳付山026.JPG

少し始まった紅葉
20180923帳付山032.JPG

帳付山無事に登頂
20180923帳付山033.JPG

記:YACO

posted by 草加山の会 at 23:11| Comment(0) | 登山

2018年08月19日

白峰三山

南ア北部3000mの稜線歩きにゆっくりと3泊4日で行ってきました。
奈良田〜広河原〜御池小屋〜肩の小屋泊〜北岳山荘泊〜大門沢小屋泊〜奈良田
1日目雨
2日目嵐
3日目強風の晴れ
4日目晴れ

1日目
肩の小屋までのお花畑は、様々なお花が咲き、
急な斜面から振り返ると、
青い空と池と満開のお花たちが、登りの脚を軽くしました。
小屋でのご飯は美味し過ぎで、大盛りおかわりをお願いしました。

2日目
嵐が本格的にならないうちにと、5時に出発土砂降りの北岳山頂は何も見えず、証拠写真だけをパチリ。
2時間半で北岳山荘に到着。
本格的暴風雨に山荘で、「孤高の人」漫画編16冊を読破。

3日目
晴れるも飛ばされそうな強風の中、立ち止まり歩き、立ち止まり歩きを繰り返し農鳥岳へ。
風もやみ、ここからは快適なハイキングと思いきや、
急な下り、ザレ場と荒れた登山道に集中しながら歩くこと4時間、やっと着いた大門沢小屋。
IMG_20180817_044834.jpg

IMG_20180817_080450.jpg

4日目
歩きにくい下りの長さにげんなりしていた頃、美しい沢と吊橋が丸太橋が、迎えてくれ、楽しい下山となりました。
IMG_20180818_073932.jpg

記:YACO
posted by 草加山の会 at 08:10| Comment(0) | 登山