2019年11月18日

ビンゴ一等賞!

山の会の恒例行事会員バスハイクで、初めてビンゴで、一等賞いただきました。

賞金はなんと、山の会のメンバーの畑で取れた新鮮野菜セット!

20191116_173756.jpg

20191116_172002.jpg

とっても新鮮で美味しそうきらきら
早速ホウレン草で、定番ベイコン炒め
作ってみました八分音符

20191116_173532.jpg

ホウレン草とっても甘くて美味しかった

次は何を作ろうかなにこにこ

やっぱり産直野菜最高です!

ありがとうございました。

byりんご
posted by 草加山の会 at 23:33| Comment(0) | 日記

2019年11月05日

キノコ狩り

20191026・27キノコ狩り
紅葉の中、1泊2日キノコ狩りに行ってきました。
豊野則夫さんのガイドに「キノコ狩り」があったので、それに参加です。

豊野さんは、沢登りの神様!
本当は、泊まりの沢登りでご一緒というのが理想ですが、
はじめての今回は、自分ではなかなかどうしようもないきのこでお世話になってきました。
沢登りをする上で、山菜・きのこ・イワナは、追求していきたいです。

参加者は、同級生3名と1名。
6.jpg

全員で5名、軽身でナメコがとれそうなポイントを何カ所か巡った。
1.jpg

1日目は2ポイントを巡り、けっこう採れたので、早めに宴会へ。
たき火を焚き、豊野さんが作ってくれたキノコ鍋を堪能しながら、長い宴会を楽しんだ☆
2日目も2ポイントを巡ったが、お目当てのナメコ畑のところが不作で、次のところも小さいのしかなかった。

自然のキノコを見つけて、採って、食べる。
とても良い体験ができた。
キノコが群生しているところを見つけると、ものすごく興奮する(笑)

豊野さんには、
キノコのありそうなポイントなど色々と教えていただき感謝です。
日本酒の飲み過ぎで先に潰れてしまったので、次回があるなら、様々な沢の話をもっと聞きたい。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

結局、
採って食べたキノコは、
ナメコ
シャナメツムタケ
ブナハリ
ムキタケ
クリタケ

食べなかったのは、
チシオタケ
スッポンタケ
オニフスベ?

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 23:11| Comment(0) | 日記

2019年10月07日

レスキュー研究会B

SMSCA遭難対策委員長の瀬藤さん主催のレスキュー研究会に参加してきました。
三回目は、研究会課題が与えられ、午前に課題についてどういう考えに基づいてどういう行動をとるのか、午後には実際に岩場での実演をおこなった。
27名が参加して、グループ4チームに分かれて、それぞれで検討。
課題は、簡単に説明すると、
ハングしている壁のルートを登攀中、1p目の壁でトップが落ちて、片腕負傷、出血多量。
40mロープだが、半分以上でていて、ロワーダウンするロープの長さが足りない。
1p目テラスから下のとりつきまで30m以上ある。
私のチームが午前中に考えたプランは、2つ。
最終的に採用された私のチームのプランは、
ビレーヤーは、両方のロープを仮固定して自己脱出、壁に近くテラスに降りやすいロープAにトップの荷重を移しておく。
Aをクレムハイストで固定し、その上でそのロープを8の字で固定。
Aにプルージックを結び、墜落者の元へ。
そして、出血を止めるために、圧迫止血で応急処置。
それから、固定ロープの一番上の支点まで行き、そこの支点でロープを固定。
そこから墜落者の近くに戻り、そのあたりにある2カ所の支点から、懸垂下降する支点をつくる。
墜落者に結んであるロープBを切断し、そのロープを懸垂支点にセット。
懸垂してもテラスに降りられるように、ビレーヤーのハーネスと固定Aをヌンチャクでつないでおく。
振り分け懸垂の準備をし、墜落者のロープAも切断。
懸垂して1p目テラスに降り、ロープBを回収して、そのBをテラスの支点に固定して、1本で振り分け懸垂。

午後、岩場でそれぞれのチームが自分たちで考えたことを実演した。

2.JPG 1.jpg

時間がなくて、1グループ、それぞれ1回だけで、振り分け懸垂は次回の持ち越しとなった。

内容としては、これまで講習会でやってきたことだったので、問題はなかったが、救急法はあんまり覚えていなかったので、その練習が必要だと感じた。
アルパインクライミングをする方は、習得しておくべき技術だと思うので、興味がある方は、リーダー部O部長に声をかけてくださーい。

記:ryuji
タグ:講習会
posted by 草加山の会 at 22:55| Comment(0) | 日記

2019年07月31日

GeneLife

「私は高山病のリスクがあるから、やっぱり富士山に行っちやダメなんだよ!!」と、たまーに私のアウトドアに付き合う友人に豪語されました。
何のことやら?と思っていたら、遺伝子検査の結果を見せられました。
生活習慣病をはじめ癌、様々な疾患リスクや体質、体型・ダイエットタイプ、先祖ルーツまで、へえ~~~と思う検査内容で、確かに高山病のリスクが高いことが書かれていていました。

この遺伝子検査は購入するとキットが自宅に送られ、唾液を送ることと、簡単なWeb質問に回答することが必要になります。結果はWebで確認と非常にシンプルなものです。
遺伝子検査というと、少し前まではあまり身近ではないイメージでしたが・・・今や自分の構造定義書モドキが簡単に手に入ってしまう時代。
果たして、自分の遺伝子を知って何かできるのか?ショックを受けるだけか?(;^ω^)
ただ、リスクを知ることは、回避することへの参考情報にはなりますよね。
怖いもの見たさへの興味と友人から強ーいお勧めをされ、とうとう手を出してしまいました!
届いたキットはこちら!
image002.jpg

取説と採取キット
image004.jpg

同意書
“研究”という文字が・・未解明事項がある限り研究的な側面は避けられません。
将来の予防医療にお役立ちするのかな?!
image006.jpg

結果は、1ヵ月もかからずにでるようです。
Web質問への回答が面倒など口コミ意見があるようですが、検査精度を上げるための参考情報となりそれは仕方ないのではないかと思います。
興味のある方、7/31までWeb購入がお安くなっているようです。“タイトル名”で検索してみてください。

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 01:00| Comment(0) | 日記

2019年07月13日

上級指導員資格更新

7/11の木曜日、上級指導員資格更新の為に、代々木にある国立オリンピック記念青少年センターに行ってきました。到着してセンター内のコンビニへ飲み物買いに行くと、来年を控えてなのか?普通に英語やら韓国語が飛び交っていてなんだか国際的です。
今回は更新期日ギリギリだったので都岳連さんの講習を受けて更新させていただきます。他の岳連の講習を受ける良い機会でもありました。

内容は第一部が指導委員長の本郷さんが講師で、夏山リーダー講習(UIAA準拠)に関して、指導員資格名称の変更、技術のアップデートに対応する勉強の推奨、ハラスメントへの注意等です。

第二部がスマホGPSのジオグラフィカ開発者である松本さんが講師で、ジオグラフィカの取扱を直々に教えてくれる講習でした。ざっと見ても150名ほど入りそうな会場は、第二部が始まる前には満杯になっていました。

IMG_20190711_190801.jpg

GPS・GNSS、マップ用語の説明、各種メニューの取扱等、開発者ならではの説明と講習で机上ではありましたが非常に充実した講習でした。
スマホGPSはジオグラフィカであれば多少說明できると思いますので質問があれば、お問い合わせ下さい(笑)

IMG_20190711_190810.jpg

記:OK
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 日記