2020年12月06日

Sportsにお勧めのマスク☆

マスクの日常が当たり前になりました。
通勤電車でマスクの光景はあらためて考えると異様だなーと思う日々です。

さて、マスクは一時より購入がしやすくなりましたが、厚手のものは呼吸しにくかったり、合わないマスクがずり落ちて顔面の筋肉がこわばったり、布マスクに日焼け止めの匂いが付いてしまったりと色々悩みがつきません。

そこで最近の私の一押しは、これ!!
ミズノのマウスカバー。(抽選応募しないと買えません&サージカルマスクのような効果は期待できませんが、快適です。)

夏前は購入できず、あきらめていましたが秋になってようやく購入ができました。
丁寧なつくりと、呼吸がしやすい、かっこいい!良心的な値段、追加で欲しくなり今回抽選に応募しました。
私の友人にこのマスクを差しあげたところ、快適!職場の方にほめられたと、すっかりはまってました。

山では勿論、ジム、自転車等、色々なスポーツに使えること、勿論通勤やオフィスで使ってもよし。

マウスカバー
image002.jpg

内側の丁寧なつくり
image004.jpg

そして、最近サーモタイプがでました!
冬のアウトドアに使えそうで密かに狙っています。

オフィスは冬でも暖房が効いているので、通常のマウスカバーで良いとおもいます。
女性はMサイズ(小顔さんはSサイズ?)、男性はLサイズが良いかと思います。

まだまだ、マスクの出番が続きそうなこの冬、抽選は12月9日正午まで。
ご興味のある方は応募してみては??
↓↓↓
https://mizunomouthcover.com/?_fsi=at4tSDxH

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 18:44| Comment(0) | 日記

2020年11月15日

キノコ狩り with T

キノコ狩り前夜、渓のポパイ・豊野さんと3人で宴会。
谷川某所で焚き火しながらの予定だったが、雨が降ってきて、場所を変更。
小雨が降る中、道の駅で、沢の話をはじめとして、楽しく酔いながら、色々なお話がきけて貴重な時間を過ごせた。
24時前には就寝。

翌日、起きたときは風があるも太陽がでてる。
9時頃出発して、キノコ狩りへ。
昨年と同じところを2カ所、まわった。
スタート時から雨が降りだしていたので、レインウエアを着用して行った。
1ヵ所目は、なめこがたくさん採れたとこだったが、もうすでに採られたあとがあり、今年は採れなかった。でも、食べる分には充分のムキタケが採れた。
2カ所目は、道中キノコ狩りらしき集団と出くわしたので、もうないかなと思いながらも、なめこが少し。去年、じなめこがたくさん採れたところも見たが、今年はどうやらでてないような感じ。近くの倒木にもまだ小さななめこがでたばかり。このエリアはちょっと早かったようだ。

39014.jpg

39015.jpg

39017.jpg

39018.jpg

動いていても寒くなってきていたのだが、いつの間にか雨はみぞれ、そして雪へと変わった。
雪が降っては・・・とここでキノコ狩り終了。

なめこもムキタケも去年よりは採れなかったが、初雪も体験できたし、楽しいキノコ狩りでしたー☆
豊野さんとは、来年の山菜キャンプを約束してお別れ。
お世話になりました。

街に降りると、太陽がでてる。すぐ近くなのに。谷川の気象条件の悪さを感じた。
帰りに、ずっと気になっていた釈迦の霊泉に寄った。
雪がついたら車で通りたくないような狭い登り坂。
その先には、聖なる泉。
システム的には、源泉を飲みながら、冷泉を湧かした風呂に入る。
1時間、源泉を飲み入浴して冷泉をかぶりを4セット。
顔はゆでたこ真っ赤かだが、お肌すべすべ。
悪いものがでたみたい。
空いている湯船があったので、そこにそのまま冷泉をいれた水風呂があれば最高なのにと思いながらも、また機会があったら、行きたいと思った。

39020.jpg

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 07:02| Comment(0) | 日記

2020年08月23日

自分の山

ふっと思い出すある方の言葉。

自分はずっと山(自分の中の山)を登ってきた。よくここまで登ってきたなと思う。後ろを振り返れば,沢山の人が続々と登ってくる。でも,前には更に聳え立つ高い山がある。諦めることはいつでもできる。だから,自分は更なる高みを目指して努力し前進し続けると。

最前線をひたすら走り続け忙しく権威もあり,周囲の評判から怖い人としか思ってなかった方。でもこの言葉で自分の中の印象をガラリと変えた。その当時,答えが出せず悩んでいたことがあり,この言葉は本当に心強かった。

挑戦することは勇気やパワーがいる。自分の中の弱い虫と闘い,乗り越えなくてはいけない壁が幾つもでてくる。でもそうして,乗り越えた先には違う世界が待っている。
そんな経験が,少しずつ自分を強くし人生観を変えていくんだと。
自分自身が行き詰った時に,この言葉をよく思い出す。

燕岳:凛としていて,でも近寄ると暖かい。女性のお手本です。

image001.jpg

晴天の安達太良山:遠くまで続く,人生の長い道をみているような景色

image002.jpg

赤城山の樹氷:春の桜を思わせる柔らかな白い世界

image003.jpg

季節感のない写真ですみません。
暑い夏に、少しだけ涼しい写真を!

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 14:36| Comment(0) | 日記

2020年04月14日

お彼岸のお墓参りと一人江戸散歩

今日は絶好の天気なので、お墓参りに行った。お寺はは麻布の二橋を渡り、日向坂を登るとすぐにお寺で、目の前はオーストラリア大使館がある。お寺は龍原寺というが、山門の脇に立つと右に東京タワー、左に六本木ヒルズが見え中々の眺めである。徳川将軍の側室のお位牌があるとかで、山門には三つ葉葵の紋がある。お寺には「江戸氏の墓」がある。江戸氏は平安時代末期の歴史に登場し、太田道灌よりはるか前に現在の皇居に屋敷を構えていた。江戸という名前を初めて使った事になるが、出は秩父平氏である。勿論このお墓は古いが近代に子孫が造ったものである。我が家のお墓には,妻、両親、兄、母の祖先が入っている。お寺は江戸時代の建物で文化財だ。私が初めて訪れた時は、江戸時代からのボロボロのお墓であった。

image001.jpg
お寺より六本木ヒルズを望む

image002.jpg
寺の山門より東京タワーを望む

私はこの1月で運転免許を返納したので、今回は地下鉄大江戸線でお寺に行った。お墓参りを済ませてから散歩がてら、麻布十番の町を通り、六本木に向かった。十番の町を過ぎるとテレ朝と六本木ヒルズが目の前に見え、ここより右に緩やかに登る芋洗坂を上る。しばら行くと六本木中学の卒業式に出合う、5分位で六本木の交差点に出るが、角には「アマンド」があり此処で昼食とする。昔は洒落た喫茶店で有ったが、今は1階がケーキ売場で2階が喫茶店で食事も出す。

image003.jpg
六本木交差点のアマンド 

2階に上がりグラタンとシュークリームを頼む。

image004.jpg
アマンドのシュークリーム

此処のシュークリームはドーナツ形で大変美味しい。やはり場所柄女性客が多い。私は10年くらい六本木に通勤していたので、いつ来ても懐かしいが景色は様変わりしている。交差点より大道りを北西に向かうと直ぐに東京ミッドタウンに出るが、少し先が乃木坂である。

image005.jpg
東京ミッドタウン

此処には乃木大将の住んでいた家が保存されており、乃木神社もある。

image006.jpg
乃木神社

乃木大将が奥様と共に自刃した部屋も、窓越しに見ることが出来る。

image007.jpg
乃木大将

image008.jpg
若き日の乃木大将右側

この周辺は昔から私は好きであった。乃木神社本殿の脇に「正松神社」の案内板が有り、行ってみると何と吉田松陰とその叔父の玉木文之進を祀った小さな神社が在った。玉木文之進は乃木大将の先生であるが、吉田松陰の先生として有名である。枝垂桜の小さな木が咲いており綺麗であった。乃木神社を後にして乃木坂を下り赤坂に向かう。此処は大した距離は無いので、のんびりと散歩する。赤坂の街中に千代田線の駅が在ったのでこれに乗って北千住に帰った。暑いくらいの良い天気で、一人で楽しい江戸散歩が出来た。麻布、六本木、青山、赤坂、表参道はそれ程離れていないので、のんびり歩くには実に良い街である。皆さんにもお薦めします。

記:MT
posted by 草加山の会 at 06:48| Comment(0) | 日記

2020年01月08日

今年の歩きはじめ 新春山手線ウォーク

今年の歩きはじめ☆

山ではなく...
アスファルトを歩くことに...
で、選んだのが、山手線時計回りルート。
参加者は、5人。

1.png

朝6時に御徒町をスタート。
お風呂セットをロッカーに詰めて、
れっつうぉーきんぐー!

目黒くらいまでは、
朝が早かったというのもあるし、人があまりいなくて快適。

渋谷に入ると、
都会的な人の多さにエネルギーを消費する。
このあたりくらいで、
距離的には半分はクリアーした感じで、みんなが安堵するが、
下半身の違和感を、それぞれが少しずつ感じはじめる。

新大久保くらいまでは、
人の多さや信号等で、スムーズに歩けないことがけっこうあった。
でも、信号のおかげで、
下半身をストレッチできる機会が増えたので、良かったが。

昼飯は、高田馬場で、立ち食い蕎麦で。
2.png

池袋を通過し、
下半身の違和感がだんだん増えてきて...
そこから西日暮里までの道は、ちょっと長く感じた。

鴬谷では、なぜか元気になった。(笑)

上野になると、
あー、もうすぐ終わると思って、西郷さんと記念撮影

最後は、
ちょっとだけ走って、御徒町に到着!
3.png

静寂に包まれていた朝とは正反対で人が溢れているパンダ広場に少し戸惑いながらも、
とりあえず、祝杯ね。
4.JPG

新しい体験、んー、素晴らしい〜!

約40キロ、約8時間で完歩☆

6.PNG

その後は、
銭湯で汗を流し、新年会へと!

5.png

1次会ふぐ&飲み放題
2次会中華&飲み放題
と、消費したカロリー以上を摂取してしまうみんなであった。

それでは、
みなさま、
今年も楽しく、安全に、刺激的な山行をしていきましょー!

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 日記