2020年11月26日

丹沢山

丹沢山へ紅葉を楽しみに行ってきました。

DSC00914 (1024x683).jpg

ヤビツ峠から、少し登ると紅葉が綺麗。
でも、その後は丹沢山だけに雲があり残念です。
アップダウンの繰り返し丹沢山につく前には、ポツポツと雨?

DSC00925 (1024x683).jpg

何とか、雨に濡れることなく、丹沢山につきました。

DSC00928 (1024x683).jpg

宿泊する、みやま山荘でビールを飲んで、楽しみの夕食です。
エ!! 焼肉でないの。
でも、かも肉?とても美味しく食べ過ぎました。

DSC00929 (1024x683).jpg

朝食は、炊き込みご飯で、またもや食べ過ぎました。
予定は、西丹沢へ行く予定でしたが、強風で諦め大倉へ下山しました。
また、来年でも丹沢主稜を挑戦しよう。

家に帰り、体重を測定すると約1kg太ってました。
この1年で4kg太ったので、ダイエットをしていたのに。

話は変わり、北アルプスの朝日小屋の食事は、みやま山荘の食事より美味しいと聞いたので、来年行ってみようかな。

記:H・J
posted by 草加山の会 at 22:39| Comment(0) | 登山

2020年11月15日

キノコ狩り with T

キノコ狩り前夜、渓のポパイ・豊野さんと3人で宴会。
谷川某所で焚き火しながらの予定だったが、雨が降ってきて、場所を変更。
小雨が降る中、道の駅で、沢の話をはじめとして、楽しく酔いながら、色々なお話がきけて貴重な時間を過ごせた。
24時前には就寝。

翌日、起きたときは風があるも太陽がでてる。
9時頃出発して、キノコ狩りへ。
昨年と同じところを2カ所、まわった。
スタート時から雨が降りだしていたので、レインウエアを着用して行った。
1ヵ所目は、なめこがたくさん採れたとこだったが、もうすでに採られたあとがあり、今年は採れなかった。でも、食べる分には充分のムキタケが採れた。
2カ所目は、道中キノコ狩りらしき集団と出くわしたので、もうないかなと思いながらも、なめこが少し。去年、じなめこがたくさん採れたところも見たが、今年はどうやらでてないような感じ。近くの倒木にもまだ小さななめこがでたばかり。このエリアはちょっと早かったようだ。

39014.jpg

39015.jpg

39017.jpg

39018.jpg

動いていても寒くなってきていたのだが、いつの間にか雨はみぞれ、そして雪へと変わった。
雪が降っては・・・とここでキノコ狩り終了。

なめこもムキタケも去年よりは採れなかったが、初雪も体験できたし、楽しいキノコ狩りでしたー☆
豊野さんとは、来年の山菜キャンプを約束してお別れ。
お世話になりました。

街に降りると、太陽がでてる。すぐ近くなのに。谷川の気象条件の悪さを感じた。
帰りに、ずっと気になっていた釈迦の霊泉に寄った。
雪がついたら車で通りたくないような狭い登り坂。
その先には、聖なる泉。
システム的には、源泉を飲みながら、冷泉を湧かした風呂に入る。
1時間、源泉を飲み入浴して冷泉をかぶりを4セット。
顔はゆでたこ真っ赤かだが、お肌すべすべ。
悪いものがでたみたい。
空いている湯船があったので、そこにそのまま冷泉をいれた水風呂があれば最高なのにと思いながらも、また機会があったら、行きたいと思った。

39020.jpg

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 07:02| Comment(0) | 日記

2020年11月07日

小川山キャンプ

5年ぶりくらいに、クライミングの聖地小川山へ。
7時30分くらいに着いたが、駐車場はもう八割方うまっていた。
11月となれば、寒いし、人数が少ないかと思いきや・・・
どうやら、ボルダーの方々が多いみたい。

ベースを探しに歩いたら、霜が...
-3℃...

小川山と言えば...
色々とあるらしいが、今回はスラブ。
小川山のスラブ.jpg

一日目は、ソラマメスラブ。
二日目は、おにぎり山スラブ。
スラブの足の置き方、足の乗り方、教えていただきました。
5.6 5.9 10a 10b 10c 11b
簡単なルートでも、あんまり手がかりがなく、足に乗り込まなければならない。
手に力を入れてたら、足に乗り込めない。足で登るのだ!
色々とご指導いただき、エールをもらい、少しは、上達したみたい☆

我が家.jpg

夕食はUメゾンで、豪華なメニュー。
夕食の準備.jpg

そのまま宴会...へべれけです。

夜はすごく寒く、厳冬期用のシュラフをもってくればよかったと後悔。
朝はものすごく寒かったけど、朝食、あったかい食事ができて良かったー。

久々の小川山、
思いのほか駐車場は混んでいたが、登りにいったエリアはそうでもなく、快適に過ごせた。
紅葉.jpg

小川山スラブの洗礼を再び受けて、スラブラブをいつになったらいえるのだろうかと思うが、その日に一歩は近づいたのだと少し満足して帰宅する☆
一緒に行ってくれたみなさんに感謝です☆
来年もよろしくお願いしまーす。

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 17:34| Comment(0) | クライミング