2019年12月15日

自然の造形美

不思議な自然造形物、橋杭岩(はしぐいいわ)のライトアップをみてきました。国指定名勝天然記念物、日本夜景遺産に認定されています。

地下マグマが隆起したものが海水で浸食され形成、登りたくても、登れません!!

弘法大師が橋を建てようとした伝説があり、岩の一つ一つに名前があるそうです。
image002.jpg

少しずつ、岩の色が変わります。
image004.jpg

image006.jpg

image008.jpg

場所はここです。
image010.jpg

近くにはオートキャンプ場があり、11月上旬でも暖かくキャンプができます。芝生が快適そう~。
image012.jpg

夕飯は生マグロを食します!このあたりは、マグロの一本釣りであがるそうです。
マグロの心臓や、皮など普段食べれないものが置いてありますが、おなか一杯で入らず。
image014.jpg

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 09:58| Comment(0) | 旅行

2019年12月12日

アバランチナイトに参加してきました

12/10四谷区民ホールにて開催された。 日本雪崩ネットワークさん主催のアバランチナイトに参加してきました。

IMG_20191210_200705.jpg

5年ぶり?2回目の参加でしたが前回同様
、講習やセミナーでは無く、雪崩に対する意識付けや2018-19シーズンのインシデントの紹介でしたが、十分為になり考えさせられる内容でした。

IMG_20191210_190132.jpg

毎年開催されておりますので、冬山やバックカントリーをやられる方、又はこれから始めたい方は是非参加してみて下さい。
内容はブログ上では説明し切れませんので、心に留めて置こうと思った事を何点か書いてみます。

@30cm四方のピットテスト(コンプレッションテスト含む)一回だけでは何の役にも立たない。それより地形や天候(降雪、降雨、風)の状況をチエックした方が遥かにマシ

Aビーコン、スコップ、プローブは冬山、バックカントリーの最低限の装備。但しロープやエアバッグ等装備を増やしていくと自然と更にリスクのある場所に足を踏み入れる傾向になる

B冬山やバックカントリーをやる人達は自分がリスクテイクをしていると自覚して下さい。また周りで困っている人が居たら必ず協力して下さい。

C最後の悲しいインシデントを紹介された後に言われてた言葉です。最近はSNSやサークルで知り合い、簡単にパーティーを組む事が多いのですが、楽しさや気楽さだけを優先しないで、自分や一緒に行った人に何かあった場合、助け合える人とパーティーを組んで登山やバックカントリーを楽しんで下さい。

D雪崩埋没レスキューは、道具に慣れる意味合いもあるので必ず自分自身で購入して練習して下さい。そういった意味で人から借りたりするは駄目!

これから冬山シーズンです。気を付けて冬山を楽しみましょう!!

記:OK
posted by 草加山の会 at 06:41| Comment(0) | 講習会