2019年10月12日

山道具のメンテナンス ビレイグローブ

今まで使っていたビレイグローブが、草臥れて来たので買い替えました。本皮で柔らかくて使い易くて良いのですが、値段に吊られて買ったワーク用の物なので、カラビナループがありません。
IMG_20180927_181945.jpg

ミシンが使えればループを縫い付ける事も可能かもしれませんが、自分は使えないし、ループを付けられそうな手首の部分はネオプレンの薄い感じなので、縫い付けられるのか??
パンチで穴は簡単に開けられそうだけど、ただ穴開けただけだと、解れる?と言うか?穴が広がりそう...。
どうしようかと?工具箱の中を探したらハトメがあったので、ポンチで穴開けてハトメを打って付けてみました。
IMG_20180927_182646.jpg

しかし通常の布と違い伸び縮みが凄いので簡単にハトメが外れていしまいます(TдT)もっと強く打ってハトメを強くカシメると布地が切れそうだし(汗)どうしたもんか?と悩みましたが、ゼリー状瞬間接着剤をカシメ部分に塗って解決!!
IMG_20181010_181458.jpg

あとは細引き通してダブルフィッシャーマンズノットで締めれば、カラビナループ完成です!後先考えずに穴開けてしまっていたので無駄にならずに良かったです(笑)
IMG_20181010_182403.jpg

記:OK
posted by 草加山の会 at 21:33| Comment(0) | 装備

2019年10月07日

レスキュー研究会B

SMSCA遭難対策委員長の瀬藤さん主催のレスキュー研究会に参加してきました。
三回目は、研究会課題が与えられ、午前に課題についてどういう考えに基づいてどういう行動をとるのか、午後には実際に岩場での実演をおこなった。
27名が参加して、グループ4チームに分かれて、それぞれで検討。
課題は、簡単に説明すると、
ハングしている壁のルートを登攀中、1p目の壁でトップが落ちて、片腕負傷、出血多量。
40mロープだが、半分以上でていて、ロワーダウンするロープの長さが足りない。
1p目テラスから下のとりつきまで30m以上ある。
私のチームが午前中に考えたプランは、2つ。
最終的に採用された私のチームのプランは、
ビレーヤーは、両方のロープを仮固定して自己脱出、壁に近くテラスに降りやすいロープAにトップの荷重を移しておく。
Aをクレムハイストで固定し、その上でそのロープを8の字で固定。
Aにプルージックを結び、墜落者の元へ。
そして、出血を止めるために、圧迫止血で応急処置。
それから、固定ロープの一番上の支点まで行き、そこの支点でロープを固定。
そこから墜落者の近くに戻り、そのあたりにある2カ所の支点から、懸垂下降する支点をつくる。
墜落者に結んであるロープBを切断し、そのロープを懸垂支点にセット。
懸垂してもテラスに降りられるように、ビレーヤーのハーネスと固定Aをヌンチャクでつないでおく。
振り分け懸垂の準備をし、墜落者のロープAも切断。
懸垂して1p目テラスに降り、ロープBを回収して、そのBをテラスの支点に固定して、1本で振り分け懸垂。

午後、岩場でそれぞれのチームが自分たちで考えたことを実演した。

2.JPG 1.jpg

時間がなくて、1グループ、それぞれ1回だけで、振り分け懸垂は次回の持ち越しとなった。

内容としては、これまで講習会でやってきたことだったので、問題はなかったが、救急法はあんまり覚えていなかったので、その練習が必要だと感じた。
アルパインクライミングをする方は、習得しておくべき技術だと思うので、興味がある方は、リーダー部O部長に声をかけてくださーい。

記:ryuji
タグ:講習会
posted by 草加山の会 at 22:55| Comment(0) | 日記

2019年10月05日

西穂高岳〜奥穂高岳縦走! 憧れのジャンダルムへ!!

9月の3連休、憧れのジャンダルムへ行ってきました。

1日目、上高地から西穂山荘へ。
お昼前にはすでにテントがいっぱい。ギリギリ張れました。
image001.jpg

2日目、暗いうちに歩き始め、西穂の山頂ではすっかり青空。
image002.jpg

永遠と続く縦走路。気持ちの良い岩稜帯歩き。
image003.jpg

急な岩場が続きます。だんだん飽きてきます。
image004.jpg

逆層スラブ。スリル満点。
よく見るとYリーダーが登ってます。(写真中央左)
image005.jpg

ついにジャンダルム目前!
image006.jpg

ジャンダルム頂上!天使がいました。
槍〜穂高が見渡せる、最高の景色!
image007.jpg

振り返って見るジャンダルム。
迫力があります。
image008.jpg

奥穂高岳へと続く馬の背。
image009.jpg

馬の背の登り口。
image010.jpg

こんな感じ。切り立ってます。
image011.jpg

最後の頑張りです。
image012.jpg

穂高岳山荘に到着!
山荘手前の梯子は渋滞で1時間待ちでした。すごい賑わいです。
ここから涸沢までもう一息。達成感のある1日でした。
image013.jpg

最終日。涸沢から上高地へ。
3日間天気に恵まれ、素晴らしい山行でした。
image014.jpg

記:きしちゃん
posted by 草加山の会 at 10:32| Comment(0) | 登山

2019年10月03日

西穂〜ジャンダルムから眺める富士

北アルプスの破線ルートとして知られる西穂高〜奥穂高の縦走。
緊張する登下降が続く中、周辺の景色を眺めると富士山が目に入りました。
ほっと息を付ける瞬間、ついつい富士山を目で追ってしまいます。

西穂独標より
DSCF5228.JPG

西穂高山頂より
DSCF5240.JPG

憧れのジャンダルムより
DSCF5339.JPG

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 山から眺める富士

2019年09月17日

白馬岳

最近、あまり山に行ってなく、体力が心配だが、北アルプスに行きたい。
なら、なるべく楽な唐松岳か白馬岳だ。唐松岳は昨年行った時に、テントが超満員で嫌な思い出があり、白馬岳に行くことにした。

9/13 なんとか、白馬テント場までつき、テント設営し、テレビで杓子岳からの白馬岳は、素晴らしいと言っていたので、杓子岳に行く。
DSC02247 (1024x683).jpg

9/1 予定は白馬鑓温泉でしたが、昨日の疲れが残っていて、白馬岳で連泊することにする。
朝食後に小蓮華岳までいきました。
久しぶりに、山でノンビリと一日過ごしました。
DSC02403 (1024x683).jpg

9/15 夜は強風で霧が出ていたが、朝起きると風もやみ天気が良くなり、白馬山荘の近くまで行き、綺麗な雲海で感動し、下山しました。
DSC02473 (1024x683).jpg

記:HJ
posted by 草加山の会 at 23:01| Comment(0) | 登山

2019年09月11日

マレーシアへ

遅めの夏季休暇でマレーシアへ行ってきました。今回は首都クアラルンプールから北上して経済の町ペナン、南下して世界遺産である歴史の町マラッカを訪れました。

首都クアラルンプールは地震がない国らしく高層タワーが立ち並びTOKYOと遜色ない雰囲気です。
ペトロナスツインタワーの夜景は美しかった。
20190831マレーシア109.JPG

北上する途中で立ち寄ったブキットメラでは、オラウータン保護島に船で上陸。
柵があるとはいえ間近で可愛いオラウータンに餌をあげることができました。柵の手前に落ちたエサを取るために棒を駆使する頭の良さに感動。
20190831マレーシア063.JPG

マレーシアで最も歴史があるのは交易の要所であるマラッカ。世界遺産の町です。
様々な文化が混ざり合い、様々な宗教が隣合う不思議な雰囲気の街並みが目を惹きました。
20190831マレーシア121.JPG

いろいろな山に行くのも良いですが、たまには異なる文化や歴史に触れるのも良いですね♪

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 23:48| Comment(0) | 旅行

2019年08月28日

奇跡の出会い!

24-25日、当初は谷川の湯檜曽本谷に沢登りに行く予定でしたが、天気が不安定だったので大菩薩嶺山麓の小室川谷を遡行してきました。

入渓点を間違え、いったん入渓点まで戻り、なんとか巡視路を通って幕営ポイントに行ったり

DSCF4552.JPG
3時間の遡行後の100mの急登が3回を含む2時間の巡視路歩き。きつかったのなんの(汗)

木が湿っていて火がつかず危うくたき火ができない状態だったり。

DSCF4562.JPG

2日目メインの4段40mの大滝を見たくてちょっと戻って滝を見ていたのでスタートが遅れたり

DSCF4594.JPG
これはなかなかお目にかかれない素晴らしい滝だった!

ちょっと遅れ気味だったのでより早く稜線に出られるルートを選択してフルコンバに出たり

すると奇跡の出会いが待っていた!
フルコンバから大菩薩峠に向かう登り。
大菩薩でもマイナーなルートで歩く人少ないのにYAMA達が登っていくのを待っていてくれた人がいた。
IMG_62911.jpg

ふと見上げると現在三百名山一筆書きチャレンジ中の

なんと田中陽気さんではないか!
IMG_6291.jpg
まさかこんなところでお会いするとは・・・

詰め上がってからの登りでひーこら言っていたのもあって「頑張ってください」と一言交わしただけだったのだ。今にして思えば一緒に写真を撮ってもらえばとちょっと後悔。

いろいろなことが重なっての訪れたこの出会い、本当に何パーセントの確率で出会ったのだろう。
大切な山行の1ページになりました。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 沢登り

2019年08月14日

メキシコ旅行 〜標高4620m峰へ〜

せっかくメキシコに来たのだから、メキシコの山に登ってみたい!
そう思ってメキシコで第4の高峰「ネバド・デ・トルーカ」に登ってきました。
北峰のイーグルピークは標高4620mですが、車で4000mの登山口まで登れるため、標高差は600mくらい。楽ちんです。

いろいろ乗り継いで、最後はこの乗合トラックで登山口に到着。
image001.jpg

しばらく歩くとカルデラ湖と稜線が見渡せる場所に出ました。
image002.jpg

最初は緩やかな稜線歩き。
image003.jpg

目指すイーグルピーク!
image004.jpg

最後は岩!
日本の登山道のようにルートが記されてないので、登りやすそうなところを何となく登ります。
image005.jpg

頂上に到着!
カルデラ湖がきれいに見えます。
image006.jpg

地元の観光客は湖の周りをトレキングして楽しんでいるようでした。
曇り空なのがちょっと残念ですが、無事登頂できて満足です。

ゆっくり歩いたので酸素の薄さなどは気になりませんでしたが、下山後に軽い頭痛がやってきました。
メキシコシティから日帰りで行かれますが、個人で行ったのでアクセスが不便でちょっと大変でした。
それでもやっぱり山は楽しいですね!

記:きしちゃん
posted by 草加山の会 at 00:12| Comment(0) | 登山

2019年08月13日

山道具のメンテナンス カム修理 SLCD

沢登りやアルパインでも使用するカムは、それなりにメンテナンスしてやらないと汚れや痛みが激しいです。
ワイヤーが切れたり解れた時はワイヤーキットがあるので交換できますが、エイリアンの場合は...ワイヤーじゃない(汗)しかも自分で海外から直接購入した物だから、国内では修理を受け付けてくれないから気を付けないと!とか思っていると。 何故か?そのエイリアンがピンポイントで壊れるという有様...。まぁ沢登りとかに持って行ってハーネスにブラ下げたまま藪漕ぎすれば壊れますよね(汗)

悩んでても仕方ありません。手持ちの道具とか材料見てみるもコレといった物が無くてガッカリ。ある程度の強度と太さと加工し易さを備えているもの...。日常的な風景からも血眼になって探し出します(笑)するとありましたクリップです。
こ〜してア〜して?どうだ?!うまくいきました!!錆びやすいのが難点ですが思いの外上手く行きました。これで又しばらく使えます。

カム.jpg
カム 壊れています(汗)

カム1.jpg
カム1 このクリップを

カム2.jpg
カム2 こ〜して加工して

カム3.jpg
カム3 着けて動くの確認したら完了!

記:OK
タグ:修理 カム
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 装備

2019年07月31日

GeneLife

「私は高山病のリスクがあるから、やっぱり富士山に行っちやダメなんだよ!!」と、たまーに私のアウトドアに付き合う友人に豪語されました。
何のことやら?と思っていたら、遺伝子検査の結果を見せられました。
生活習慣病をはじめ癌、様々な疾患リスクや体質、体型・ダイエットタイプ、先祖ルーツまで、へえ~~~と思う検査内容で、確かに高山病のリスクが高いことが書かれていていました。

この遺伝子検査は購入するとキットが自宅に送られ、唾液を送ることと、簡単なWeb質問に回答することが必要になります。結果はWebで確認と非常にシンプルなものです。
遺伝子検査というと、少し前まではあまり身近ではないイメージでしたが・・・今や自分の構造定義書モドキが簡単に手に入ってしまう時代。
果たして、自分の遺伝子を知って何かできるのか?ショックを受けるだけか?(;^ω^)
ただ、リスクを知ることは、回避することへの参考情報にはなりますよね。
怖いもの見たさへの興味と友人から強ーいお勧めをされ、とうとう手を出してしまいました!
届いたキットはこちら!
image002.jpg

取説と採取キット
image004.jpg

同意書
“研究”という文字が・・未解明事項がある限り研究的な側面は避けられません。
将来の予防医療にお役立ちするのかな?!
image006.jpg

結果は、1ヵ月もかからずにでるようです。
Web質問への回答が面倒など口コミ意見があるようですが、検査精度を上げるための参考情報となりそれは仕方ないのではないかと思います。
興味のある方、7/31までWeb購入がお安くなっているようです。“タイトル名”で検索してみてください。

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 01:00| Comment(0) | 日記