2021年04月18日

赤城のアカヤシオ

4月入ってすぐのこと。
春に見たい花の1つにピンクのマルイ花弁をしたアカヤシオ。
毎年花を愛でに山に足を運びますが、今年は赤城山中腹にあるアカヤシオの丘に行きました。
富士見グランドの西側で車からすぐで登山と言うよりは散策です。

車ですぐでは味気ないので赤城青少年の家の駐車場から少し歩いてみました。

青少年の家は桜が満開。千本桜に負けないくらい見事。
DSC_6213.JPG

ゆっくり歩いて片道30分位でしょうか。
アカヤシオの丘、まさにピンク一色です。
DSC_6268.JPG

これだけ咲いている景色は山中では見られませんね。
DSC_6263.JPG

幸せのピンク色。春を感じさせる見事な景色でした。
DSC_6276.JPG

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 23:00| Comment(0) |

2021年04月10日

妙義山(見晴台)

緊急事態宣言は解除されて、久々の山行です。
中之嶽神社近くの駐車場から、車道を歩いて一本杉を目指して歩き出す。

DSC01229 (1024x683).jpg

石門入り口に、通行止めの案内がある。
家に帰り調べたら、2020年4月10日に第4石門前の広場で、大規模な落石があり、一部の登山道で通行止めだ。事前の調査不足でリーダー失格。
計画を変更して中之嶽神社から見晴台までの往復にした。
皆様、久々の登山で足ならしにならず、ご迷惑をかけました。

DSC01240 (1024x683).jpg

これも、新型コロナウィルス感染防止で手を洗えないようにしています。

DSC01252 (1024x683).jpg

DSC01261 (1024x683).jpg

救われ事は、さくらの里の桜が満開で楽しめて事です。

記:H・J
タグ: 妙義
posted by 草加山の会 at 22:45| Comment(0) | 登山

2021年04月08日

熊野古道・小辺路

4/1〜3にかけて熊野古道の小辺路を、高野山から本宮大社に向かって歩きました。

1.jpg

 コウヤマキ林がとても美しいです。生えている樹木は場所により異なりますが、このような小径がずっと続いていまいた。

2.jpg

 かつて茶屋があった平坦地に幕営しました。真夜中に目が覚めると、不気味な音がずっと鳴り響いていました。きっとフクロウの鳴き声だったと思うのですが、気になってしかたがありませんでした。

3.jpg

 果無集落にはこんな美しい世界が広がっていました。ひたすら美しかったです。

4.jpg

 本宮大社に到着してお参りした後は、温泉に入ったり、川下りをするなど観光です。山を歩くのも好きですが、その後の名所めぐりも山行の目的の一つでした。

ペンネーム:ⵛⵉⵏⵢⴰ ⴰⵓⴽⵉ
posted by 草加山の会 at 21:43| Comment(0) | 登山

2021年01月17日

クライミング帰りの山ごはん 新潟編

にいがたそば.jpg

niigatara-menn.jpg

そば処薬師
薬師の湯の直ぐ側です。お蕎麦美味しいのですが、昼時はかなり混みますので時間とお腹に余裕が無いと辛いかもしれません(汗)春先は山菜の天ぷらも美味しいですよ〜!盛りは普通です。

道の駅 みつまた
街道の湯の眼の前!お風呂入って直ぐに食事出来ます。所謂、道の駅のレストランですが地元の物を使用していますので美味しいです。盛りは普通です。アウトドア用品も販売しているのは土地柄か?

食家あさくさ 〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢(大字)327−1
居酒屋っぽい食事処という感じです。釜飯いただきました。流石米処釜飯美味いです。おつまみに日本酒も美味しそうでしたが、車では...

茶屋 森瀧
うどん屋さんというより、うどんすき屋さんです。美味しいのですが、最近は若干お値段高めになっているような気が...冬の夜は予約しないと入れないです。

湯沢駅付近は美味しいお店多いですので探してみて下さい。

記:O・K
タグ:新潟
posted by 草加山の会 at 08:36| Comment(0) | ご当地グルメ

2020年12月06日

Sportsにお勧めのマスク☆

マスクの日常が当たり前になりました。
通勤電車でマスクの光景はあらためて考えると異様だなーと思う日々です。

さて、マスクは一時より購入がしやすくなりましたが、厚手のものは呼吸しにくかったり、合わないマスクがずり落ちて顔面の筋肉がこわばったり、布マスクに日焼け止めの匂いが付いてしまったりと色々悩みがつきません。

そこで最近の私の一押しは、これ!!
ミズノのマウスカバー。(抽選応募しないと買えません&サージカルマスクのような効果は期待できませんが、快適です。)

夏前は購入できず、あきらめていましたが秋になってようやく購入ができました。
丁寧なつくりと、呼吸がしやすい、かっこいい!良心的な値段、追加で欲しくなり今回抽選に応募しました。
私の友人にこのマスクを差しあげたところ、快適!職場の方にほめられたと、すっかりはまってました。

山では勿論、ジム、自転車等、色々なスポーツに使えること、勿論通勤やオフィスで使ってもよし。

マウスカバー
image002.jpg

内側の丁寧なつくり
image004.jpg

そして、最近サーモタイプがでました!
冬のアウトドアに使えそうで密かに狙っています。

オフィスは冬でも暖房が効いているので、通常のマウスカバーで良いとおもいます。
女性はMサイズ(小顔さんはSサイズ?)、男性はLサイズが良いかと思います。

まだまだ、マスクの出番が続きそうなこの冬、抽選は12月9日正午まで。
ご興味のある方は応募してみては??
↓↓↓
https://mizunomouthcover.com/?_fsi=at4tSDxH

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 18:44| Comment(0) | 日記

2020年11月26日

丹沢山

丹沢山へ紅葉を楽しみに行ってきました。

DSC00914 (1024x683).jpg

ヤビツ峠から、少し登ると紅葉が綺麗。
でも、その後は丹沢山だけに雲があり残念です。
アップダウンの繰り返し丹沢山につく前には、ポツポツと雨?

DSC00925 (1024x683).jpg

何とか、雨に濡れることなく、丹沢山につきました。

DSC00928 (1024x683).jpg

宿泊する、みやま山荘でビールを飲んで、楽しみの夕食です。
エ!! 焼肉でないの。
でも、かも肉?とても美味しく食べ過ぎました。

DSC00929 (1024x683).jpg

朝食は、炊き込みご飯で、またもや食べ過ぎました。
予定は、西丹沢へ行く予定でしたが、強風で諦め大倉へ下山しました。
また、来年でも丹沢主稜を挑戦しよう。

家に帰り、体重を測定すると約1kg太ってました。
この1年で4kg太ったので、ダイエットをしていたのに。

話は変わり、北アルプスの朝日小屋の食事は、みやま山荘の食事より美味しいと聞いたので、来年行ってみようかな。

記:H・J
posted by 草加山の会 at 22:39| Comment(0) | 登山

2020年11月15日

キノコ狩り with T

キノコ狩り前夜、渓のポパイ・豊野さんと3人で宴会。
谷川某所で焚き火しながらの予定だったが、雨が降ってきて、場所を変更。
小雨が降る中、道の駅で、沢の話をはじめとして、楽しく酔いながら、色々なお話がきけて貴重な時間を過ごせた。
24時前には就寝。

翌日、起きたときは風があるも太陽がでてる。
9時頃出発して、キノコ狩りへ。
昨年と同じところを2カ所、まわった。
スタート時から雨が降りだしていたので、レインウエアを着用して行った。
1ヵ所目は、なめこがたくさん採れたとこだったが、もうすでに採られたあとがあり、今年は採れなかった。でも、食べる分には充分のムキタケが採れた。
2カ所目は、道中キノコ狩りらしき集団と出くわしたので、もうないかなと思いながらも、なめこが少し。去年、じなめこがたくさん採れたところも見たが、今年はどうやらでてないような感じ。近くの倒木にもまだ小さななめこがでたばかり。このエリアはちょっと早かったようだ。

39014.jpg

39015.jpg

39017.jpg

39018.jpg

動いていても寒くなってきていたのだが、いつの間にか雨はみぞれ、そして雪へと変わった。
雪が降っては・・・とここでキノコ狩り終了。

なめこもムキタケも去年よりは採れなかったが、初雪も体験できたし、楽しいキノコ狩りでしたー☆
豊野さんとは、来年の山菜キャンプを約束してお別れ。
お世話になりました。

街に降りると、太陽がでてる。すぐ近くなのに。谷川の気象条件の悪さを感じた。
帰りに、ずっと気になっていた釈迦の霊泉に寄った。
雪がついたら車で通りたくないような狭い登り坂。
その先には、聖なる泉。
システム的には、源泉を飲みながら、冷泉を湧かした風呂に入る。
1時間、源泉を飲み入浴して冷泉をかぶりを4セット。
顔はゆでたこ真っ赤かだが、お肌すべすべ。
悪いものがでたみたい。
空いている湯船があったので、そこにそのまま冷泉をいれた水風呂があれば最高なのにと思いながらも、また機会があったら、行きたいと思った。

39020.jpg

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 07:02| Comment(0) | 日記

2020年11月07日

小川山キャンプ

5年ぶりくらいに、クライミングの聖地小川山へ。
7時30分くらいに着いたが、駐車場はもう八割方うまっていた。
11月となれば、寒いし、人数が少ないかと思いきや・・・
どうやら、ボルダーの方々が多いみたい。

ベースを探しに歩いたら、霜が...
-3℃...

小川山と言えば...
色々とあるらしいが、今回はスラブ。
小川山のスラブ.jpg

一日目は、ソラマメスラブ。
二日目は、おにぎり山スラブ。
スラブの足の置き方、足の乗り方、教えていただきました。
5.6 5.9 10a 10b 10c 11b
簡単なルートでも、あんまり手がかりがなく、足に乗り込まなければならない。
手に力を入れてたら、足に乗り込めない。足で登るのだ!
色々とご指導いただき、エールをもらい、少しは、上達したみたい☆

我が家.jpg

夕食はUメゾンで、豪華なメニュー。
夕食の準備.jpg

そのまま宴会...へべれけです。

夜はすごく寒く、厳冬期用のシュラフをもってくればよかったと後悔。
朝はものすごく寒かったけど、朝食、あったかい食事ができて良かったー。

久々の小川山、
思いのほか駐車場は混んでいたが、登りにいったエリアはそうでもなく、快適に過ごせた。
紅葉.jpg

小川山スラブの洗礼を再び受けて、スラブラブをいつになったらいえるのだろうかと思うが、その日に一歩は近づいたのだと少し満足して帰宅する☆
一緒に行ってくれたみなさんに感謝です☆
来年もよろしくお願いしまーす。

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 17:34| Comment(0) | クライミング

2020年10月14日

きのこキャンプ

首都圏某所。
秋は、きのこの秋!
沢泊りで、今が旬のマイタケを探す旅に☆

林道歩き2時半くらい+α。
倒木地帯や大きな水楢をところどころ探し、見には行くのだが、見つからない。
林道歩き中に出会った、地元の方からの話だと、今年はマイタケは不作でほとんど採れてないとのことだったので、素人の私たちが...とは思ったが、やはりダメだった。

まっ、ともあれ、大自然の中で焚き火する沢泊は楽しい。
1.jpg

5.jpg

食担が腕を振るってくれた豪華なメニューを頂きながら、炎を囲み、瞑想の話をしながら、酒を飲む。
最高ね。
2.jpg

4.jpg

今回は、ピザを生地から、ペッタンコペッタンコしてもらい、とても美味しいピザまで。
3.jpg

翌日は、次回のきのこ旅のために新たなより良き幕営地を探す目的で沢を登り、降った。
最後下山中に、行きに唯一たどり着いた「サンゴハリタケ」を回収した。

6.jpg

https://www.kinoco-zukan.net/sangoharitake.php
本で一応は確認したが、みんなが初めて目にするきのこで、100%の確証が持てなかったので、夕食に食べられないので、帰りにと思っていた。
これだけでも採れて良かったー。
あとで、きのこ鑑定所で、みてもらったのだが、やっぱり「サンゴハリタケ」だった。
見てくれたおじさんは、今年は始めてみたと言ってくれた。ちなみに、やはり今年のマイタケは不作だと語っていた。なめこなら、たくさんあるぞとも。

「サンゴハリタケ」は、翌日、コンソメスープに入れて、美味しく頂きました☆
7.JPG

きのこの香り、肉厚、そして山菜的な苦みが後味に。山の恵みに感謝です☆

秋の沢泊は、焚き火ときのことイワナ。10月に入ると禁漁となるため、今回はイワナNG。来年、また楽しみにいきましょう!

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 21:46| Comment(0) | 沢登り

2020年10月11日

涸沢

10/4 荷物が重く涸沢まで無事に着くか心配で、ゆっくりと歩いて行く。
何とか、12時前に涸沢に着くことが出来た。
テントの下にひくコンパネを借りる事が出来て、快適なテント生活になる。

DSC00405 (1024x683).jpg

昼過ぎから、雨になり、夜には大雨と強風で、怖かった。
10/5 朝食後にやっと雨がやむ。
常念岳方面は、晴れているが、涸沢は曇りで太陽の光がない。
10/6 朝、少し赤くなった。

DSC00524 (1024x683).jpg

曇り空で太陽の光がない。
昼前に急に晴れてきた。あわててカメラ持ってウロチョロして撮影した。

涸沢岳
DSC00594 (1024x683).jpg

北穂高岳
DSC00614 (1024x683).jpg

屏風ノ頭へ向かって10分ぐらい歩いた所からの涸沢
DSC00637 (1024x683).jpg

晴れるのは、明日までで明後日は、雨になるとのことで、明日に下山しよう。

10/7 朝、赤く染まった。
朝から天気がよく、後ろ髪を引かれるつもりで下山した。
諏訪湖SAで寝て、明日に白駒池へ帰る予定だった。
夜中に目が覚めると、雨が降っている。
あ〜あ〜 白駒池は諦めて家にかえる。

記:H・J
posted by 草加山の会 at 07:53| Comment(0) | 登山