2018年12月10日

山行中のごはん

山での食事は結構悩みますよね。インスタントラーメンやカップラーメンも美味しいですが、連日だと飽きますし栄養的にどうかと?重量を気にしなければ肉でも野菜でも持って行って焼き肉でも鍋でも出来ますが、シビアな山行はどうしてもフリーズドライや携帯食に頼りがちです。そこで今まで食べてきて良かった物を列挙してみます。

@パタゴニアのプロビジョンズシリーズのチリビーンズ
https://www.patagonia.jp/product/provisions-red-bean-chili/PRT06.html
お値段高め734円ですがボリューム満点、コレにソーセージかベーコン入れてパンでもあれば3人分はいけます。他にもスープやクスクスのような物がありますので試してみて下さい。ひと手間掛けたほうが美味しくなります。

Aアマノフーズ 服部幸應 推薦 香るグリーンカレー
https://www.amanofd.jp/amano/shop/index.html
ほんとにフリーズドライかと疑いました!ナスやら野菜も入ってスパイシー!食欲が無い時でも匂いでそそられます。ご飯は別です。

Bもう一発アマノフーズのチキンカツ玉子とじ
https://www.amanofd.jp/amano/shop/index.html
うまいです。信じられないです。しかし一食500円でご飯別です。高級品で品薄と(TдT)

C乾燥物のポルチーニ茸
ポルチーニと粉チーズとコンソメと玉ねぎ少々とアルファ米でポルチーニのリゾットが出来ます。ポルチーニは細かくして良く水で戻しておきます。容量はアルファ米を戻す水に+αで、コッヘルにオリーブオイル垂らして玉ねぎ炒めます。火が通ったら弱火にしてアルファ米投入、少しだけ油吸わせたら、ポルチーニごと戻した水を投入してコンソメも投入して、焦がさないように煮ます。時々戻り具合確認して硬いようなら、追加で水を投入、適当な硬さになったら粉チーズ投入して良くかき混ぜれば出来上がりです!塩で味調整して、胡椒かパセリでもあれば完璧です!難点はコッヘルが汚れる事です(汗)

D仙台麩
お麩を油で揚げたやつです。タンパク質が摂れます。味噌汁に入れればボリュームアップ!ネギとかスナップエンドウと一緒にヒガシマルのうどんスープで煮込めばおかず完成です。軽量化するなら切り干し大根やネギを天日干しして持って行くのも手です。余談ですがヒガシマルうどんスープはおでんにも使えます。カレーなど他のバージョンもありますので試してみ下さい。

Eパタゴニアのエナジーバー
https://www.patagonia.jp/product/mangoorganic-fruit-almond-bar/PRF00.html
313円で高めですが、マンゴー+アーモンド、アプリコット+アーモンドなど色々とあります。ドライフルーツの様な感じで、シリアルやナッツより行動中は食べやすいです。

F一口羊羹、練乳、はちみつ
面倒な時に良く使いました。冬季以外は、どれも良いのですが、冬期は、はちみつは分離して固まるので不向き、羊羹は手袋したままだとパッケージ切るのが面倒。味気ないですが、冬期は練乳チューブに直接口つけて飲んで、お湯を飲むのが一番手っ取り早いかと思います。

記:OK
【山ごはんの最新記事】
posted by 草加山の会 at 21:52| Comment(0) | 山ごはん

2018年12月05日

YACOのピッケル自慢

冬、雪山に欠かせないギア。
ピッケル=私のは最高です。

P_20181128_151239_vHDR_On.jpg

なんたってチタンだから軽い、バランスが良い、長さがぴったり、扱いやすい

ビッケルは雪に刺して使うのが一般的ですね。
というか、雪に刺すだけだと思っている人が多いです。

いやいや、岩に引っ掛けたり。
段差では、ポール替わりに自分を支えたり。
物を避けるときも使います。
他にもいろいろ使えるんです。

私のは、地元草加市の「ミゾー」「レインボー」チタンです。

場所は、埼玉県草加市手代町100−17
扉開いて工場に入ると、懐かしいオイルの薫りがほのかに芳しく〜。
今や年代物の機械が、こじんまりと整列している。

引き締まって、鍛え上げた体を持つ優しい社長さんと、暖かな笑顔の奥様が一つ一つ磨き上げて作製しています。

山の話で盛り上がり、アックスの使い方指導は、屋根の梁に向かって
「ビシュ」
こうやるんだと、
「ビシュ、ビシュ」
持ち方から、打ち方の実践指導つき。

ちょっとのつもりが、暫く話し込んでしまい、縦走用のピッケルを試しに握ったら、あまりのバランスの良さとと軽さに、もう欲しくて買わずにいられなくなり注文している自分がいました。
「今から磨くから、仕上がりは一週間後ね。」と言われ一週間の長かったこと〜。

登山のピッケル何を選んだらいいの?
そう思ったらミゾーのピッケルを握ってみてください。

http://www.mizo.co.jp/pikel.php

きっと、楽しくて楽しくてしょうがない素敵な雪山を共にしてくれる、相方になるはずです。

記:YACO
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 装備

2018年12月04日

雪上訓練 谷川岳にて

OKリーダーのもと谷川岳に雪訓に行ってきました。
今シーズン初雪山です。

まだまだ雪が少なく、当初予定していた天神峠での訓練はできず、ピークを目指すことになりました。
途中の岩場は雪がすっかり解けていて真っ白になるのは何週間先だろうか。
DSCF1453.JPG

とりあえず4人で山頂を踏む。谷川の山頂から見る景色は最高!
DSCF1474.JPG

かろうじて肩の小屋から天神に降り始めるあたりで、滑落停止訓練してきました。
DSCF1492.JPG
こちらはOKリーダーの華麗なる停止。

雪山、アイゼン装着初めてのきしちゃんもバンバン滑落停止していてステップアップになったかな?
20181202tanigawa017.JPG

YAMAも新調したアイゼンの試し履きができて良かったです。いよいよ雪山シーズン始まりだ〜!

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 登山

2018年12月01日

クライミング帰りの山ごはん 聖人岩編

平日、聖人岩。
ほぼ貸切状態でのんびりクライミング☆

帰りに寄った、川越のすぺいん亭!

20181109114242.jpg

ちょっと高いけど、雰囲気、料理は良い。
店員もかなり親切。
「天使のえび」の食べ方を伝授してもらった。

記:ryuji
タグ:川越 聖人岩
posted by 草加山の会 at 10:15| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年11月30日

赤岳〜横岳〜硫黄岳 初冬の八ヶ岳登ってきました

寒い、寒い、八ヶ岳の冬は寒い。

2年前の12月末 赤岳へ雪道を歩いたことを思い出した。
あの時はヘルニアで何度も足がすべって転んだっけ。

横岳と硫黄岳はじめていく周回コース
私は、めまいで2度ふらついた、
体が重い、頭痛が激しい、吐き気がおさまらない、そしてうずくまった。。。
これが、高山病というものなのだ。
初めての経験だった、新鮮なおどろきに、やってくれるな八ヶ岳め。

山は、弱い人間に味方をしない。
山は、強い人間の味方

久しぶりの2500m超え。重たい体を前に進ませながら、 
登りながら「しんどいなぁ」と感じ、
登りながら「かったるいなあ」と感じ、
登りながら「歳を取ったなぁ」と感じ、
感じるマイナスの気持ちに負けてたまるか。と楽しかった。

新人の松さんは無口だ。溢れる笑顔から、山行の楽しさを感じ取れた。それが嬉しかった。
年配のお殿様が、脚が・・・といいながら、がんばっていた。その時折りゆがんだ顔が、生きてる実感をくれた。
リーダーの軽快な歩みを追いかけながら、この人は何人連れて歩いてきたんだろう。
来たかった横岳、硫黄岳、イメージしていたのとちょっと違った。

yatu02.jpg

yatu01.jpg

「ちっぽけだ。」  
こんなに壮大な山もちっぽけだ。
人の一生はもっとちっぽけだ。

記:YACO
posted by 草加山の会 at 23:58| Comment(0) | 登山

2018年11月25日

四国のグルメ

四国に行ってきました。
山の会の会員らしく目的は石鎚山と四国剣山に登ること!でも、やっぱり旅の楽しみと言ったら美味しいもの!!今回は4人で2泊3日の旅でしたが、山の合間に食べたご当地グルメを少し紹介します。

●1日目
石鎚山に登り、道後温泉に入り、名物じゃこ天をつまみにビールを飲みながらお目当てのお店へ。
骨付鳥 一鶴 丸亀本店
スパイスが効いていて、ビールが進みます!
大きなお店なのにとっても混んでいました。
image002.jpg

●2日目
四国と言ったらやっぱりうどん!
こちらは有名店 山越うどん
朝から行列が出来ていますが回転は速く、外の席で落ち着いて食べられます。
image004.jpg

かまたまうどん なんと250円! トッピングを選べます。
コシがあってつるつるもちもち、優しい味です。
image006.jpg

こちらも有名店 長田うどん
釜あげたらいうどん 4人で分け合いました。2件目なのでお腹いっぱい。
もちもちの弾力で美味しかったです。
image008.jpg

うどんを食べた後は、こんぴらさんに登り、お参り。
意外と登りごたえがありました。参道の雰囲気も良く、甘酒が美味しかった。
この日はのんびりドライブをしながら1日観光。

●3日目
四国剣山に登り温泉で汗を流したら、帰りの高松空港方面に向かってロングドライブ。
海鮮が食べたいと天勝というお店へ。

まずは地ビールで乾杯!
image010.jpg

讃岐の郷土料理「しょうゆ豆」
image012.jpg

待望のお刺身
盛り合わせはじゃんけん!たこや貝も美味しかったです♪
image014.jpg

お魚には日本酒が合いますね。
image016.jpg

おつまみいろいろ
image018.jpg

シメに押し寿司
穴子はふっくらやわらか、タレも絶品。
バッテラも瀬戸内名産のレモンと塩が絶妙で美味しかったです。
image020.jpg

その他にも天ぷらや焼き物などを堪能し、四国の旅はこれにて終了。

今回行かれなかった所や、食べられなかったご当地グルメはまた次の機会に。
仲間と過ごした大満足の四国の旅でした♪

記:きしちゃん
タグ:四国 うどん
posted by 草加山の会 at 23:05| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年11月21日

クライミング帰りの山ごはん 山梨編

両親の実家がある山梨県なのでちょっとオススメも多くなります(汗)

男の厨房 山梨県笛吹市一宮町末木628−1
20号線沿いの食堂です。外観は、「んっ?」て感じです。量は多いので注文する時は確認して下さい。カツカレー食べましたがキツかったです(汗) 駐車場あり
otoko1.jpg

ぼんち食堂 山梨県甲斐市 富竹新田457−8
山梨の大盛り食堂の聖地のような所です。中華丼と餃子はヤバイです。お持ち帰りになりますので気を引き締めて注文して下さい。 駐車場あり

和食や吉べえ 山梨県中巨摩郡昭和町飯喰1242−1
こちらも大盛りですが、割とお上品系です(笑)味も上品ですのですんなりとお腹に入るかも!! 駐車場あり
kitibee.JPG

杣 山梨県北杜市小淵沢町1584−6
フライ物がオススメです。 セルフサービスで キャベツは盛り放題だったと思います。別荘地の奥に入るのでココかな?と不安になりますがココです(笑) 駐車場あり

とよしげ 山梨県北杜市高根町村山東割2359−8
地元のお肉屋さんがやっている焼肉屋さんです。山梨方面の八ヶ岳帰りで焼き肉ならココか
但馬家幸之助 小淵沢店です。
niku.jpg

以下はPA内と温泉内のお食事処です時間無い時にどうぞ

お食事処はくさい( 花かげの湯内) 山梨県山梨市牧丘町窪平453−1
割と盛りも良いのですが混み合っていると時間が掛る事もあるので注意して下さい。
はくさい.JPG

正徳寺温泉初花  山梨県山梨市正徳寺1093−1
温泉で育てた鰻が自慢です。他の料理も美味しいです!!
初花.jpg
*もっと時間無いなら
境川食堂 中央道上り 境川PA内
PAのレストラン!クライマーやトラックドライバーにも人気で盛りも良くて何故か焼き魚定食が人気(笑)もつ煮も美味しいです!!

記:OK
posted by 草加山の会 at 22:29| Comment(0) | ご当地グルメ

2018年11月14日

登山技術講習会に参加しました(中・上級編)

平戸の岩場にて開催された登山技術講習会中上級クラスに参加してきました。
中上級クラスでは制動確保からの仮固定および自己脱出の訓練を行う上で必要となる各ロープ操作技術についての確認から始まった。フリクションノットのプルージック、クレイムハイスト、マッシャーの実践と確認、クローブヒッチ(インクノット)の確認、ムンターヒッチ(半マスト結び)の確認を行った後に制動確保へと移った。

制動確保では50kgのウェイトの墜落衝撃に対して制動確保を行い、ビレイデバイスの仮固定からフリクションノットによる確保後のビレイ解除、支点構築後にムンターヒッチによるクライマーの降下を行った。

次に、自身をクライマーとしての落下後における登り返しを行い、3倍力システムによる引き上げ支点の構築方法、ブッシュを利用した支点構築方法について学び講習終了となった。
3倍力システムによる引き上げシステム構築については山岳ガイド式の新しい構築方法について知見を得たので詳細を以下に説明します。

image002.jpg
上の写真は自宅での再現になります。
ロープマンなどのジャミングプーリを用いない場合には支点にフリクションノットを用いてジャミングを行うが、ここにガイドモードでATCなどのビレイデバイスを用いる事でジャミングを行っている。フリクションノットを用いた場合はノットがカラビナを越してしまいジャミングが効かなくなったりスリングの余り分だけ戻りが発生するが、ビレイデバイスを利用した場合はフリクションノットより格段に戻り量を少なく出来る。また、構築に掛かる時間についてもフリクションノットが1箇所で済むため時間短縮になる。

ロープマンなどのジャミングプーリは現場に持っていっているかという事が問題となるが、一般的な装備として考えるとロープを携行している時にはビレイデバイスはまず間違いなく携行していると考えられるので非常に効率的なシステムであると考えています。

記:YY
posted by 草加山の会 at 09:27| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

登攀講習会に参加しました(初級編)

飯能市にある平戸の岩場にて、埼玉県山岳連盟の登攀講習会が行われました。
10月の天気の良い日でしたが、陽の当らない岩場のためとても寒く、フリースとジャケットを着ての参加となりました。私が受講したのは初級の講習で、講師は日本スポーツ協会公認 山岳上級指導員 鈴木一美さん。受講生は10名程でした。

最初に登攀に必要な装備の説明があり、続いてロープの結び方の練習。
基本的なロープワークを学びます。
・フィギアエイトノット
・プルージック
・クレイムハイスト
・マッシャー
・クローブヒッチ
・シートベント 

こちらはプルージックをメインロープに補助ロープを結束中
image002.png

image005.jpg
練習の様子。 みんな真剣です。

簡易ハーネスの作成
image007.jpg
120cmのスリングを使って簡易ハーネスを作ります。
胸の前でシートベントを結び、カラビナを付ける。

縦走路から滑落したことを想定し、引き上げを行いました。
先ほど作成した簡易ハーネスを使用します。
image009.jpg

今回は基本のロープワークが中心の講座でしたが、私は始めて知る結び方も多く、身につくまで繰り返し練習して、実際に山で使えるようになりたいと思いました。
その他、三点支持やくさり場の通過の仕方など、為になる話を聞くことができて、とても勉強になりました。
興味のある方は、次回ぜひ参加してみてください!

記:きしちゃん

posted by 草加山の会 at 00:00| Comment(0) | 日記

2018年11月07日

宮城渡り鳥の鴈

早朝6時過ぎ、朝もやで幻想的な刈取りを終えた田。鳴き声のする方へ近づくと、いるわいるわ、たくさんの鳥。ネットで調べると宮城県北部に飛来する渡り鳥の鴈。

image001.jpg

マガンにすると、飛来する鴈の9割がこの地に来るとの事。県鳥にもなっていました。
白鳥の飛来する、伊豆沼は知っていたが、沼と田を行き来しているのだろうか?
時々、鳥を意識する私には興奮する出来事でした。  

記:ミーさん(宮城県栗原市にて)
タグ:宮城 渡り鳥
posted by 草加山の会 at 22:10| Comment(0) | 生物