2020年01月19日

初心者I社長のフリークライミング観察記:福島県・青葉編

到着するも小雨が降ってたが、せっかく来たので、ちょっとだけでもクライミングをすることに。
約20分くらい登って、岩場に到着してみると、小雨降る中でもクライミングしているパーティーが4組ほど。

比較的乾いていて、人がいなく、簡単なエリアを発見!
青葉は、砂岩でところどころボコボコ穴があいていて、特殊な岩場ね。
image002.jpg

とりあえず、簡単な5.8のルートを。
image004.jpg

I社長、緊張しながらもやる気満々☆
image006.jpg

おみごとトップアウト!
image008.jpg

右隣りに5.9があったので、次はそれに挑戦。
興奮しすぎて、クライミングシューズに履き替えないでスタートするI社長。。。
image010.jpg

出だし核心で、何度かぶらーんしたが、見事ムーブを解決、トップアウト!

お昼は、丸秘書がつくってくれたけんちん汁☆
image012.jpg

昼食後、左の岩場にある10aと10bを触って、終了。

その後は、
いわき湯本で汗を流し、豪遊するI社長。
初めてのフリークライミングの岩場を体験できて、気持ちよく泥酔して、ご満悦☆
次回課題はリードするぞぉーと意気込むI社長であった。。。

記:ryuji
タグ:福島県 青葉
posted by 草加山の会 at 00:31| Comment(0) | クライミング

2020年01月08日

今年の歩きはじめ 新春山手線ウォーク

今年の歩きはじめ☆

山ではなく...
アスファルトを歩くことに...
で、選んだのが、山手線時計回りルート。
参加者は、5人。

1.png

朝6時に御徒町をスタート。
お風呂セットをロッカーに詰めて、
れっつうぉーきんぐー!

目黒くらいまでは、
朝が早かったというのもあるし、人があまりいなくて快適。

渋谷に入ると、
都会的な人の多さにエネルギーを消費する。
このあたりくらいで、
距離的には半分はクリアーした感じで、みんなが安堵するが、
下半身の違和感を、それぞれが少しずつ感じはじめる。

新大久保くらいまでは、
人の多さや信号等で、スムーズに歩けないことがけっこうあった。
でも、信号のおかげで、
下半身をストレッチできる機会が増えたので、良かったが。

昼飯は、高田馬場で、立ち食い蕎麦で。
2.png

池袋を通過し、
下半身の違和感がだんだん増えてきて...
そこから西日暮里までの道は、ちょっと長く感じた。

鴬谷では、なぜか元気になった。(笑)

上野になると、
あー、もうすぐ終わると思って、西郷さんと記念撮影

最後は、
ちょっとだけ走って、御徒町に到着!
3.png

静寂に包まれていた朝とは正反対で人が溢れているパンダ広場に少し戸惑いながらも、
とりあえず、祝杯ね。
4.JPG

新しい体験、んー、素晴らしい〜!

約40キロ、約8時間で完歩☆

6.PNG

その後は、
銭湯で汗を流し、新年会へと!

5.png

1次会ふぐ&飲み放題
2次会中華&飲み放題
と、消費したカロリー以上を摂取してしまうみんなであった。

それでは、
みなさま、
今年も楽しく、安全に、刺激的な山行をしていきましょー!

記:ryuji
posted by 草加山の会 at 00:49| Comment(0) | 日記

2020年01月03日

クライミングスクール

50過ぎましたが(;・∀・;)やっぱりクライミング覚えたい、と思い、8月末からジムに通い始めたら、とっても面白い!!先輩方にもいろいろ教えてもらい(本当に感謝感謝です)、もっと登りたくなって、10月末からクライミングジムのスクールを受け始めました。
ここまでスクールで教わったことを、ちょっとまとめてみたいと思います。

*ケガをしないように充分にストレッチをする。

*正対・・・・腹筋に力をいれ、意識しながら登る。
重心はなるべく下げる。
足を上げてから体を上げる。足と体を一緒に上げない。
呼吸は止めないように。手を出すときに息を吐く。声を出しても〇
深呼吸するとO₂入って腕張りにくい。

*フリ
強傾斜で使う。腰を壁に近づけてから手を出す。背中は丸まらないように。
肘は曲げずに。
足が高すぎるとよい姿勢取れないことも。少し下げるか横にずらす。

*オブザベ
1.ラインを見る
2.全体像を把握する
3.右手?左手?両手でマッチ?  核心部は2手以上考えておく。
4.ホールディングの形状を確認
5.足順とムーヴ
6.距離感の確認
7.クリップポイント:腕は伸ばしてクリップする。
 レストポイント:
 レストする癖をつけて、核心まで力をセーブする。
 正対のほうがレストしやすい。
 保持手真下の大きいホールドに足=レストしやすい。
 小さいホールドに足のときはレストしない。
 乗せないで足きったほうが良いことも。
 両手マッチできるホールドがよい。
8.重心の移動

*スメア
重心を下げる。下げないと滑る。スメアする足は近めで。

*デッド
背中はピシッとまっすぐに。
重心は下げて、取りたいホールド方向に勢いつけて、無重力状態になったところで手を出してホールドをとる。(手を出すタイミング早すぎると×)片方の足をスメアして(足の位置もよく見ること)重心下げ、下がった勢いで取りにいく。スメアの足は壁から離さず押しっぱなしにする。
シンプルに正対で。最後までホールドをよく見る。あごを近づけるようにすると距離出る。声出すともっと距離出る。余分に距離出てしまうと肘が曲がって消耗っしてしまう。

スクールはあと5回、年明けは10cにチャレンジです〜〜〜(*^-^*)

記:Akko
posted by 草加山の会 at 12:53| Comment(0) | クライミング

2020年01月01日

初日の出

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
寒がりなので、山で着るダウン上下を着て、初日の出を見に谷古宇橋へ

谷古宇橋.jpg

ビックリ たくさんの方々が初日の出をまっています。
チョットあせり小走りしました。

日出.jpg

初日の出です。
今年もよい年になりますように。

富士山.jpg

遠くに富士山が見えます。

川に写る.jpg

綾瀬川に写る初日の出です。

ダイヤモンド富士.jpg

テレビを写しました。
ダイヤモンド富士山です。

ダイヤモンド常念.jpg

ついでに、昨年5月に行きました、北穂高岳からのダイヤモンド常念岳です。

記:H・J
posted by 草加山の会 at 21:43| Comment(0) | 日記

2019年12月15日

自然の造形美

不思議な自然造形物、橋杭岩(はしぐいいわ)のライトアップをみてきました。国指定名勝天然記念物、日本夜景遺産に認定されています。

地下マグマが隆起したものが海水で浸食され形成、登りたくても、登れません!!

弘法大師が橋を建てようとした伝説があり、岩の一つ一つに名前があるそうです。
image002.jpg

少しずつ、岩の色が変わります。
image004.jpg

image006.jpg

image008.jpg

場所はここです。
image010.jpg

近くにはオートキャンプ場があり、11月上旬でも暖かくキャンプができます。芝生が快適そう~。
image012.jpg

夕飯は生マグロを食します!このあたりは、マグロの一本釣りであがるそうです。
マグロの心臓や、皮など普段食べれないものが置いてありますが、おなか一杯で入らず。
image014.jpg

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 09:58| Comment(0) | 旅行

2019年12月12日

アバランチナイトに参加してきました

12/10四谷区民ホールにて開催された。 日本雪崩ネットワークさん主催のアバランチナイトに参加してきました。

IMG_20191210_200705.jpg

5年ぶり?2回目の参加でしたが前回同様
、講習やセミナーでは無く、雪崩に対する意識付けや2018-19シーズンのインシデントの紹介でしたが、十分為になり考えさせられる内容でした。

IMG_20191210_190132.jpg

毎年開催されておりますので、冬山やバックカントリーをやられる方、又はこれから始めたい方は是非参加してみて下さい。
内容はブログ上では説明し切れませんので、心に留めて置こうと思った事を何点か書いてみます。

@30cm四方のピットテスト(コンプレッションテスト含む)一回だけでは何の役にも立たない。それより地形や天候(降雪、降雨、風)の状況をチエックした方が遥かにマシ

Aビーコン、スコップ、プローブは冬山、バックカントリーの最低限の装備。但しロープやエアバッグ等装備を増やしていくと自然と更にリスクのある場所に足を踏み入れる傾向になる

B冬山やバックカントリーをやる人達は自分がリスクテイクをしていると自覚して下さい。また周りで困っている人が居たら必ず協力して下さい。

C最後の悲しいインシデントを紹介された後に言われてた言葉です。最近はSNSやサークルで知り合い、簡単にパーティーを組む事が多いのですが、楽しさや気楽さだけを優先しないで、自分や一緒に行った人に何かあった場合、助け合える人とパーティーを組んで登山やバックカントリーを楽しんで下さい。

D雪崩埋没レスキューは、道具に慣れる意味合いもあるので必ず自分自身で購入して練習して下さい。そういった意味で人から借りたりするは駄目!

これから冬山シーズンです。気を付けて冬山を楽しみましょう!!

記:OK
posted by 草加山の会 at 06:41| Comment(0) | 講習会

2019年11月24日

東京エクストリームウォーク100

2019/11/2(土)〜11/3(日)

1日目の朝に小田原城址公園を出発し、制限時間26時間で東京築地を目指す100kmウォーク。

image001.jpg

お山仲間のアスリート男子2人と参加しました。
最初の5kmだけ一緒に歩いてやるよ(笑)
と言われていましたが、2人共早いしペースを合わせていたら皆疲れちゃうのでひとり覚悟で!
別々のエントリーだったので、グループもスタートもバラバラで最初から孤独との戦い(>_<)
小田原スタート〜平塚〜江ノ島〜戸塚〜横浜〜川崎〜品川〜築地ゴールの100kmの道のり。
東海道五十三次!ひとり箱根駅伝!!

序盤は海岸沿いのコースもあり景色を楽しむ余裕があった

image002.jpg

けど、日が暮れて内陸に入りやっと半分近くまでの戸塚に着くと疲労困憊...。
行ける所まで行こうと重くなった脚を引き摺りつつ進み、横浜の綺麗な夜景を眺めて私何やってるんだろ...なんて事を考えたり。。

image003.jpg

image004.jpg

深夜〜明け方は意識朦朧...。
足全部が痛くなり鎮痛剤飲んでも効かないし、途中半泣き状態でした。。

image005.jpg

image006.jpg

でも絶対リタイアはしたくなかったし、この100kmウォークは成し遂げたかったし、ゴールで会おうの約束を胸に頑張りましたー!
目標の24時間は切れなかったけど、無事に完歩致しました!
ゴール手前では友人達のお迎えサプライズがあり号泣のフィニッシュ(涙)

image007.jpg

アスリート男子達は2時間も前に到着して既に打ち上げビールしていました(笑)
終了後はゾンビ状態でまともに歩けず、回復にも時間が掛かり登山とクライミングはまだ復帰出来ていないのですが...。
100km歩けたら何でも出来るはず!!
大変良い経験になりました〜☆

by:よっしー
posted by 草加山の会 at 10:03| Comment(0) | スポーツ

2019年11月18日

ビンゴ一等賞!

山の会の恒例行事会員バスハイクで、初めてビンゴで、一等賞いただきました。

賞金はなんと、山の会のメンバーの畑で取れた新鮮野菜セット!

20191116_173756.jpg

20191116_172002.jpg

とっても新鮮で美味しそうきらきら
早速ホウレン草で、定番ベイコン炒め
作ってみました八分音符

20191116_173532.jpg

ホウレン草とっても甘くて美味しかった

次は何を作ろうかなにこにこ

やっぱり産直野菜最高です!

ありがとうございました。

byりんご
posted by 草加山の会 at 23:33| Comment(0) | 日記

2019年11月17日

百の頂に百の喜びあり

日本百名山は登山の1つの目標でしたが9月に100座目となる北海道の羊蹄山へ行ってきました。
羊蹄山というと蝦夷富士としても有名で標高差1600mあり10時間かかる山です。

DSC_5288.JPG
早朝の羊蹄山です。富士山よりもピラミダルな姿が美しいですね〜。

今回は4人で一緒にチャレンジ。
9/30 11:45に無事登頂してYAMAの日本百名山は終わりました。
本格的に山をやり始めて12年位経ちましたが、年間10座を目安についに百名山最後の頂に立つことができました。最後の方は関東から遠い山が多くなかなか大変でした。

DSC_5250.JPG
日本百名山97座登頂中の父と山頂で記念撮影。

百の頂に百の喜びあり。

羊蹄山ですが独立峰で山頂からは北海道の広大な景色が堪能でき、なかなか素晴らしい山でした。
それぞれ感慨深いですが、この山もまたしかりです。
DSC_5268.JPG

ここまで歩けたのは一緒に登る仲間がいたおかげかなーと皆に感謝です。

記:YAMA
posted by 草加山の会 at 18:01| Comment(0) | 登山

2019年11月08日

屋久島の旅

夏がくれば思い出す,はるかな尾瀬遠い空〜♪♪
会員バスハイクの日,木道を歩きながらずっと耳に残った口笛の音。
が・・夏が過ぎたら思い出す,〇×▲XX??〇に勝手に編曲されて私の頭に残り,書けていなかった9月の屋久島の旅を・・。

フェリーは既に台風襲来のため欠航になり,飛行機はいつまで飛ぶのやら?キャンセルするか悩んだけど・・アウトドアは半ばあきらめて現地入り。以外にあっけなく着いてしまいました。
初日は風が少し強い程度なのでさっさと観光します。

西部林道のサルが毛づくろい中。車が来てもお構いなし!堂々と道を塞いでくれます。
image001.jpg

シカにも会いました。南国のシカは体が小さいです。
image002.jpg

台風はくるのやら?と思わせる永田いなか浜。ウミガメの産卵が見られる場所ですが9月はシーズンではないですね。誰もいなくて貸し切り状態でした。
image003.jpg

島のいたる所に少し大きなカニがいます。畑にも出没するらしい。
image004.jpg

こちらは水量豊富で大迫力の大川の滝。台風で孤島になった日,あまりひどくない天気だったので行ってきました。近くに寄るだけでずぶ濡れ。島民の友人もこの迫力にはびっくりしていました。
image005.jpg

image006.jpg

迫力の滝はみれたけど、海中温泉は引き干潮でも潮がひかず入れずじまい。首折サバも今回も食べれなかった下矢印2。次への持越しです。

記:ろびん
posted by 草加山の会 at 22:12| Comment(0) | 旅行